詠春拳の正当争いでイップ・マンに敗れ、武術の世界から去り、小さな雑貨屋で働くチョン・ティンチ(マックス・チャン)。ある日、町を仕切る長楽グループのはみ出し者・キットらに追われていたジュリアナとナナを助けたことで、キットの恨みをかい、店に放火されてしまう。更にナナらはキットの反乱に巻き込まれていく。監督はユエン・ウーピン。
 マックス・チャンが意外と小顔だし小柄・・・。そして強い!個々の俳優のアクション、そしてアクションシークエンス全体の組み立てがとても楽しかった。2人の人物が闘うシーン、向き合う2人を横から固定カメラで撮影したショットが目立つのだが、これだと2人の動きやお互いの手足がどのように組み合っているのかがよくわかる。一見地味だけど贅沢な撮り方だと思う。アクションのスキルに絶対的な自信がある、撮影方法でごまかさないぞ!ってことだもんなー。乱闘シーンでもカメラは引き気味なので全体の動き、メイン人物の動きや一連の流れがよくわかってとても満足度が高い。こういうアクションの撮り方が私は好きなんですよ!マックス・チャンはもちろんだが、ミシェル・ヨーが無双状態を見せてくれて、ちょっと感動してしまった。刀を使ったアクションが流麗。彼女のような壮年女優がこれからもっと出てくるといいのにな。
 ストーリーは王道で捻りのないもの。雑と言えば雑な展開で、脇が甘いというかあまり締める気もなさそう。特に放火のシーンでいきなり部屋の奥でも引火しているのには、どこが火元?!と突っ込みたくなったし、長屋状態なのに周囲に燃え広がらないの?!大丈夫?!と気になってしまった。大雑把なストーリーではあるのだが、親子関係の描写が結構泣かせる。父親にはかっこいいカンフーマスターであってほしい息子、息子と共に穏やかな生活を送りたい父とのすれ違い。父親も、息子の前では本当はかっこよくありたいから辛いよな・・・。ティンチがちゃんと父親業をやっており、保護者としての責任の所在がはっきりしている所も好感度高い。

イップ・マン 序章&葉問 Blu-rayツインパック
ドニー・イェン
Happinet(SB)(D)
2011-06-02


ドラゴンxマッハ! [Blu-ray]
トニー・ジャー
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
2017-06-07