コルソン・ホワイトヘッド著、谷崎由依訳
 19世紀初頭のアメリカ南部。ランンドル農園の奴隷コーラは仲間たちから孤立し、主人の暴力に耐えていた。ある日、新入りの奴隷に誘われ、逃亡を決意する。黒人奴隷たちを南部から北部に逃がす「地下鉄道」があると言うのだ。北へ向かって逃げ続けるコーラだが、悪名高い奴隷狩り人・リッジウェイが彼女の後を追っていた。
 ピュリッツァー賞、全米図書賞、アーサー・C・クラーク賞、カーネギー・メダル・フォー・フィクション受賞という華々しさだが、確かに面白いしすごくよくできてる。そして今この作品がこういった賞を取るということが、アメリカの今の空気、問題意識を反映しているのだろう。そういう意味でも面白かった。「地下鉄道」とは黒人奴隷の逃亡を助けた、実在した組織の呼び名のことだそうだ。その「地下鉄道」が文字通りの意味で存在したら、という設定。
 自由の地へと向かって地下を失踪する鉄道のイメージは力強く爽快だが、そのイメージに反し、コーラの旅路は困難で苦いものだ。確かに自由の地と思われる場所に到着しても、すぐにはわかりにくい形での差別、また黒人同士での見解の相違等により、平穏は崩れていく。特に「避妊」「診療」を隠れ蓑にした一見マイルドかつエレガントな形での、強烈な差別意識が恐い。差別している当事者にはこれが差別であり不当であるという意識はないという所が、差別の本質と克服し難さに繋がっているように思う。差別に対する違和感を上手く言いくるめられてしまいそうで恐いのだ。
 黒人奴隷、ことに黒人女性の奴隷としての生活がどのようなものか、その生活の中でどのような意識が形成されていくのかという部分が丁寧に描かれており、丁寧ゆえにしんどい。コーラはかなり意志の強い、独立した精神の持ち主だが、彼女の美点は白人たちからはないものとされ(というかあってもなくてもどうでもいいものとされ)、黒人からも厄介なものとして扱われる。彼女が逃げ切れるのかどうか、ずっと胃が痛くなりそうだった。


地下鉄道
コルソン ホワイトヘッド
早川書房
2017-12-06


私はあなたの二グロではない [DVD]
語り:サミュエル・L・ジャクソン
オデッサ・エンタテインメント
2018-11-02