母親を亡くした少女クララ(マッケンジー・フォイ)は家族と共に、名付け親であるドロッセルマイヤー(モーガン・フリーマン)のクリスマスパーティーに招かれる。プレゼント探しをするうち、クララは不思議な世界に迷い込む。その王国は「花の国」、「雪の国」、「お菓子の国」、そして「第4の国」から成り各国を摂政が治めていた。クララはプリンセスと呼ばれ戸惑うが、王国内の紛争に巻き込まれていく。チャイコフスキーのバレエが有名な「くるみ割り人形」が原作で、チャイコフスキーの組曲も当然使われている。監督はラッセ・ハルストレム&ジョー・ジョンストン。
 ロンドンでのクララの家や洋服も、ドロッセルマイヤーの屋敷も、王国の情景も美しく可愛らしいのだが、それしかない。ファンタジーとしての世界のふくらみや奥行、厚みみたいなものが全く感じられなかった。『くるみ割り人形』の楽しさって、作中に出てくる国を順番に旅していく、それぞれの国の風景や文化を楽しむという側面にもあると思うのだが、本作では王国の王宮と第4の国との行き来が殆どで、他の国の情景は申し訳程度にしか(本当に1シーンくらいしかなかったと思う)出てこない。せっかく複数の国があるんだからどんな風土なのか見て見たかったのに・・・。ガジェットが色々と華やかだし凝ってはいるのだが、装置の為の装置という印象が強くて、物語世界に溶け込んでいない印象を受けた。ぜんまい出せばいいってものじゃないんだぞ!また、大がかりな装置も色々出てくるのだが、どういう仕組みで動いているのか、何の為の装置か、見ていても今一つイメージが沸いてこない(序盤でクララが修理するドロッセルマイヤーの白鳥の玩具とか、その修理の仕方でいいの?って思うし)。作り手がそういう設定は考えずに漫然と動かしているように思った。
 くるみ割り人形の存在感が薄い、というか指摘されないと彼がくるみ割り人形だと気付かない。クララではなく弟がクリスマスプレゼントにもらったということになっておりそもそも玩具の状態でもあまり出てこないし、これ題名「くるみ割り人形」を付けなくてもよかったのでは?中心になるのはクララとお菓子の国の摂政であるシュガー・プラム(キーラ・ナイトレイ)だ。シュガー・プラムは母を亡くしたクララの分身とも言えるが、ここがもうちょっと響いてくればなと残念。母親を亡くしているというシチュエーションをあまり上手く処理できていないように思った。
 なお、アクション要素もあるのだが見せ方が概ねもたついており、監督はこういうの不得手なのかなと思った。ブリキの兵隊との戦いのリズムの悪さにいらついてしまった。