宇宙開拓分野に進出したライフ財団のロケットが墜落した。財団は密かに事態収拾を図っていた。一方、恋人の弁護士アン(ミシェル・ウィリアムズ)のPCの中の資料を覗き見たジャーナリストのエディ・ブロック(トム・ハーディ)は、財団が非人道的な人体実験を行っているという噂は真実だと確信し、取材を進める。財団の研究者と接触し、実験所の中に潜入するが、被験者と接触した時に地球外生命体シンビオートに寄生されてしまう。エディは「ヴェノム」と名乗るシンビオートの声が聞こえるようになり、肉体にも変化が現れ始める。監督はルーベン・フライシャー。
 予告編ではおどろおどろしさや残虐さが強調されていたが、本編ではそれほど残虐な印象はない(人間はさくさく殺されるが)。むしろブラックコメディぽい可笑しさがある。脚本が大分雑だったり、テンポがいまひとつ(前半エピソードのペース配分を間違ったかなという印象。シンビオートがなかなか活躍しない)で映画としてはさほど出来は良くないのだが、ヴェノムのキャラクターが立っており、キャラクタームービーとしては成功している。エディとヴェノムの人外凸凹バディものとしてかなり楽しめた。
 エディは危険な取材も辞さない正義感と勇敢さを持つが、ジャーナリストとして人気があるという設定に対して疑問符がつくくらいやっていることの脇が甘いし頭はさほど切れなさそう(エディが頭悪そうに見えるのは明らかに脚本の問題だと思うけど・・・)。ちょっとうかつで元気のいい、ごくごく普通の人という感じだ。肉体的にもちょっとタフという程度で突出した強さはない。そんな普通の人であるエディが、ヴェノムに寄生されることで超人的な力を使えるようになる。エディとしては自分が暴れて人を傷つけるのは不本意なので、ヴェノムと喧々諤々あるわけだが、その喧々諤々と強さとのギャップが本作の楽しさの一つだろう。
 ヴェノムが何だかんだ言ってエディに対して誠実と言えば誠実、結構尽くしてくれるので段々可愛く見えてくる。エディの為に故郷を捨てて地球に留まるし身を挺して守ってくれるし・・・。あれっパートナーとして最高なんじゃないの?!と思えてくる、まさかの超ブロマンス案件だった。エディはエディで、ヴェノムの破壊活動に辟易するが、ある瞬間、あっこの人気持ちよくなってるなという表情になるのがちょっと怖い。私はエディに対して冒頭からずっと不穏な印象があったのだが、ここで極まった感ある。一見普通の常識と正義感を持った人に見えるのだが、動き(トム・ハーディの素なのか演技なのかわからないが妙に左右に揺れる歩き方)の落ち着きのなさや、恋人のキャリアを破壊するとわかっていても重要文書を見てしまう根本的な身勝手さ等、そんなに「出来た人」ではないのだ。
 ヴェノムとのやりとりがどこかユーモラスだからごまかされているけど、自分本位な正義感とそれを行使できる力の組み合わせって、結構性質が悪いんじゃないだろうか。そういう意味では、日本版ポスターのうたい文句や「ダークヒーロー」というキャラクター付けは間違っていない。ラストのやりとりは可愛いだけではない。ヴェノムはエディに寄生することで人生(いや人じゃないけど・・・)が大幅に変わるが、エディの倫理観もまた、だいぶ変化してしまったことがわかる。双方、元のままではいられなかったのだ。そういう要素がまた運命的な出会いって感じなんだが・・・。

ヴェノムバース
カレン・バン
ヴィレッジブックス
2018-10-31


スパイダーマン:ヴェノム VS. カーネイジ (ShoPro Books)
ピーター・ミリガン
小学館集英社プロダクション
2018-10-18