小学6年生の関織子、通称おっこ(小林星蘭)は交通事故で両親を亡くし、祖母・峰子(一龍斎春水)が経営する老舗旅館「春の屋」に引き取られる。旅館には少年の幽霊ウリ坊(松田颯水)や子鬼の鈴鬼(小桜悦子)が住みついており、おっこだけは彼らを見て、話をすることができた。若女将を目指して宿の手伝いを始めたおっこは、幽霊たちやライバル旅館の跡取り娘・秋野真月(水樹奈々)と接するうちに少しずつ成長していく。原作は令丈ヒロ子・亜沙美(絵)による児童文学シリーズ。監督は高坂希太郎。
 やたらと評判がいい割には上映規模がすぐに縮小されそうなので、慌てて見に行った。見てよかった!子供はもちろん、大人も楽しめる良作アニメーション。吉田玲子による脚本が大変しっかりしており、物語の軸がぶれない。題名から、小学生が女将として働く!働くことで居場所が出来るような話だとちょっと嫌だなぁと思っていたのだが(こと子供に関しては、労働と居場所・自己肯定がトレードされてはいけないと思うので)、そういった側面はそれほど強くない。おっこが旅館の仕事の大変さや面白さに気付いていくという要素はあるが、仮におっこが女将を継ぐと宣言しなくても、彼女の居場所は周囲と接するうちに出来ていくだろうと思える作りなのでほっとした。
 本作のキモは働くことよりもむしろ、おっこが家族の死とどう向き合い、受け入れていくかという所にある。おっこと不思議な友人たちのドタバタは楽しいのだが、ずっと伏線として事故の記憶がある。いわゆる喪の仕事と言えるだろう。そして、おっこにとっての喪の仕事の裏側には祖母にとっての喪の仕事もある。彼女もまた、娘夫婦の死に深く傷ついているのだ。おっこの(ウリ坊に強要されたものとはいえ)若女将発言を受け入れてしまうのも、彼女自身が何かよすがになるものを切実に必要としていたからではないかと感じた。
 物語のスタートが意外とヘビー、かつちょっと生々しいので、子供にはショックかもしれないなと思った。同時に、死者との近しさは子供(小学校中学年くらいまで)にはあまりぴんとこないのかもしれないとも(劇場内の反応を見ていて)思った。子供にとっては、具体的に側にいてくれないというのは一人ぼっちにされるのと同じことなのではないかなと。おっこも多分、当初はそう感じていたのかもしれない。ある程度成長したからこそ、いなくなった人達と自分との関係を捉えなおすことができるのだろう。
 なお、おっこの同級生でありライバル的存在の真月のキャラクターが最後までブレない、デレないところがとても良かった。彼女は自分の主義主張としてあの服装なのであり、おっこ言うところの「普通」におもねる必要はないだろう。
 脚本がしっかりしており、作画も非常によい。オーソドックスな演出がきちんとされており、かつカメラの動かし方がアニメーションとしてはユニーク(つまり作画がすごく大変そう・・・)なシークエンスが目立った。ただ難点として、キャラクターデザインの方向性が統一されていない印象を受けた。おっこやウリ坊、祖母や旅館の従業員達は同じ方向性のデザインと思えるが、おっこの両親はいわゆるジブリ系、幽霊のみよは90年代の萌えキャラ風テイストが入っており、ベクトルがちょっとちぐはぐ。特にみよのデザインは少々古い印象を受けた。


若おかみは小学生! Vol.1 [DVD]
小林星蘭
ギャガ
2018-07-25