1962年、新婚旅行でドーセット州のチェジル・ビーチにあるホテルを訪れたフローレンス(シアーシャ・ローナン)とエドワード(ビリー・ハウル)。海辺を散策してからホテルの部屋に戻ったものの、初夜を迎える興奮や不安で会話は続かず、気まずい空気になってしまう。ついにフローレンスは部屋を飛び出してしまい、エドワードは追いかけるが。原作はイアン・マキューアンの小説『初夜』、監督はドミニク・クック。
 エドワードとフローレンスのどちらかに非があるというわけではない。2人の中のタイミングのちょっとしたずれが、修正されないまま物事が進んでしまったのだ。そしてどたんばで修正するには、2人はまだ若すぎたのだろう。更に、この時代、この土地柄でなければまた違った展開があったのではないかと思わせられる。人生の殆どは運とタイミングで決まるのではなかろうか。
 人生の一つの可能性が失われる様は哀感漂うのだが、あくまで可能性の一つでしかない。それで2人の人生がダメになるわけではないし、悪い方に進んだと言えるわけでもない。一つの分岐を迎えただけだというクールなタッチで描かれている。本作、脚本を原作者であるマキューアンが手がけているのだが、「その後」の描写には、マキューアンちょっと丸くなったかな?とも思わされた。ほろ苦いがそれほど辛辣ではない。作家本人が年齢を重ねたせいかもしれない。若い頃に感じたこの世の終わりだ!みたいな痛切さって、後から振り返るとそこまで深刻ではなかったりする。その時は大層辛くても、とりあえず人生は進行していってしまう。そこが救いでもあり物悲しさでもある。
 フローレンスとエドワードのくい違いはセックスそのものというよりも、生まれ育った環境や階級(フローレンスの両親があからさまに嫌な顔をする・・・)、関心を持っているものの相違が積もり積もって爆発したと言った方がいいのだろう。音楽の好みの違いがわかりやすく(分かりやすすぎるくらい)その差異を象徴している。しかし一方で、2人の気持ちがぴたりと重なっていた瞬間、深く理解しあった瞬間もたくさんあることがわかるので、切なさが増す。愛は確かにあったのだ。フローレンスがエドワードの家を訪問するエピソードは本当に美しい。エドワードの母親への対応を見て、彼が泣いてしまうのもよくわかる。上手くいく可能性も当然あったんだよな。それでもタイミングがずれるとすれ違ってしまう。

初夜 (新潮クレスト・ブックス)
イアン・マキューアン
新潮社
2009-11-27


愛の続き (新潮文庫)
イアン マキューアン
新潮社
2005-09