イアン・マキューアン著、村松潔訳
 “わたし”は逆さまになって母親のおなかのなかにいる。美しい母親と詩人の父親は別居中だ。そして母親は父親の弟と浮気をしており、2人で父親を殺そうとしているらしい。
 巻末の解説でも言及されているように、胎児版ハムレットという一風変わった作品。ストーリーの主軸はハムレットのパロディだが、他のシェイクスピア作品からの引用も多々ある。語り手の“わたし”は胎児で外の世界を自分の目で見ているわけではないが、母親と父親や義弟との会話や周囲の物音、体を通して伝わってくる母親の感情から、外の世界のことをある程度知ってはいるし、冷静に周囲を観察している。語りが全く子供っぽくなく、思慮深さと成熟を感じさせる、どうかすると両親や叔父よりも全然大人な考え方をしているところがおかしい。とは言え音や皮膚感覚のみで世界を感知するには限界があり、本人大真面目なのに時々妙な誤解の仕方をしているあたりはユーモラスだ。彼の周囲で起きている事柄はありふれた安いメロドラマでありサスペンスなのだが、胎児の目と、彼のしごく真面目でもったいぶった語り口を通すことで、新鮮かつ陰惨だが滑稽な味わいになっている。

憂鬱な10か月 (新潮クレスト・ブックス)
イアン マキューアン
新潮社
2018-05-31


ハムレット (岩波文庫)
シェイクスピア
岩波書店
2002-01-16