パク・ミンギュ著、斎藤真理子訳
 中学校でいじめられ続けている「釘」と友人の「モアイ」。2人は原っぽで卓球台を見つけ、卓球に興じるようになる。卓球用品店主セクラテンに卓球史を伝授され、ハレー彗星の到来を待つが、ハレー彗星ではなく巨大なピンポン玉が下降してくる・・・
 本の背表紙にあらすじが紹介されているが、なんとこのあらすじ終盤までの展開をほぼ全て説明しちゃっている!ただ、それでも全く問題ないと思う。というよりもあらすじから想像するのとは大分違う感触の作品なのでは。確かに終盤は超SF的な展開になるが、それまでは語り手である釘とモアイの辛い学校生活が延々と続くのだ。いじめっ子チスとその取り巻きの悪質さ、それに対する釘とモアイの対抗できなさはひょうひょうと書かれているものの生々しく辛い。対抗する意思が奪われちゃうんだよなと。チスがちょっといい奴っぽい面を見せてもその後、やっぱりこいつクズだな!という振る舞いになるあたりはリアルだと思う。
 釘らの生活も、彼らと比較的親しくなると言えるセクラテンの生活も、どこか悲哀と諦念を帯びている。彼らは皆、この世からのはぐれもののようなのだ。モアイの従兄弟が好きだった作家の小説が作中作として紹介されるが、その内容もまた世界からずれた人たちの話だ。釘によると自分らは世界に「あちゃー」された存在。この言い回しのニュアンスが本当に上手いし翻訳も素晴らしい。そんな彼らが世界の命運を握る。継続するのかアンインストールするのか、釘の決断を見てほしい。

ピンポン (エクス・リブリス)
パク・ミンギュ
白水社
2017-05-27


カステラ
パク ミンギュ
クレイン
2014-04-19