辻村深月著
 “真面目な子”=イケてない姉に対する反発、娘との価値観の違いへの戸惑い、不本意な保護者会、帰国子女の孫に対する距離感のわからなさ。家族を巡るとまどいを描く7編を収録した短編集。
 家族とは一番身近な他人であるということが、どの短編にも描かれている。家族なのに分かり合えないのではなく、他人だから分かり合えないのだ。家族だからと油断するわけにはいかない。と同時に、家族「なのに」仲が悪い、わからないと悲観することもないということでは。だって他人だもん!わからなくて当然!本作に登場する家族たちは、特に仲が悪いわけでも理想的に仲が良いわけでもない。時にイラつくし腹は立つが、なんとなく一緒に暮らしている。そんな中で、この人本当はこういう人だったんだ!こういうことを考えていたんだ!とはっとするような瞬間がある。そういう瞬間を受け入れていく、積極的に探していくと、なんとなく家族を維持しやすくなるのではないだろうか。

家族シアター (講談社文庫)
辻村 深月
講談社
2018-04-13