1919年、ドイツの田舎町に暮らすアンナ(パウラ・ベーア)は、フランスとの戦いで死んだ婚約者フランツ(アントン・フォン・ルケ)の墓に通っていた。アンナには両親がおらず、フランツの両親と共に暮らしていたが、医者であるフランツの父ハンス(エルンスト・ストッツナー)と母マグダ(マリエ・グルーバー)もまた、息子の死から立ち直れずにいた。ある日アンナはフランツの墓に花を手向ける男性を見かける。フランスから来た彼の名はアドリアン(ピエール・ニネ)。戦前のパリでフランツと知り合ったと言う。監督はフランソワ・オゾン。
 一見、死んだ婚約者の友人に徐々に惹かれていく主人公という、王道メロドラマのように見える。アンナを演じるベーアの素朴さが残る美しさ、アドリアンを演じるニネの繊細な美男ぶりも、いかにもメロドラマ風。しかし、予想していたのとは相当違う方向に反転していく。このハンドルの切り返しが見事だった。オゾン監督はたまに迷走するけど、本作ではばっちり狙った所に球が入ったな!という感じ。
 本作を見ていて、映画の作風としては全く違うが、先日見た『人生はシネマティック!』を思い出した。フィクション、物語が人の心を助ける話だからだ。しかし本作はその更に先、彼岸まで行ってしまったように思う。くそみたいな現実よりも、美しい嘘を生きて何が悪い、生きれば嘘も現実も同じではないか。だったら自分が生きていると実感できる方を生きてみたい。この世への諦念みたいなものに、どうにも身につまされる所があり、少々辛かった。
 戦争(後)映画としても、ドイツとフランス双方の意識が垣間見られて興味深かった。実際こういう感じだったんだろうなという説得力がある。ドイツは敗戦国、フランスが戦勝国ということになるのだが、勝った負けたというよりも、自国民を殺されたというお互いへの敵意がぴりぴりとまとわりつく。互いに自分が被害者、相手が加害者という意識が拭えない。おそらくアドリアンはドイツにいる間は居心地が悪かったろうし多少危うさを感じたろうが、アンナもまた、それを感じることになる。同じ立場に立ってみないとわからないのだ。この点も含めて反転具合が見事だった。



やさしい嘘 デラックス版 [DVD]
エステール・ゴランタン
ジェネオン エンタテインメント
2005-03-11


なぞの娘キャロライン (岩波少年文庫)
E.L. カニグズバーグ
岩波書店
1990-07-02