アフリカ系アメリカ人の写真家クリス・ワシントン(ダニエル・カルーヤ)は白人の恋人ローズ・アーミテージ(アリソン・ウィリアムズ)の実家に招待される。過剰なくらいの歓迎ぶりに一安心するクリスだが、アーミテージ家が黒人の使用人を雇っていることに違和感を感じた。翌日、パーティが開かれるが来客は白人ばかり。その中に黒人青年を見かけたクリスは彼にカメラを向けるが、青年の態度が急変する。監督はジョーダン・ピール。
 田舎が怖い物件であり恋人の実家が怖い物件であるが、そこに人種差別を絡めて更に怖い物件に仕上げている。基本ワンアイディアではあるのだが、とてもよくできている快作。コンパクトな尺(104分)も素晴らしい。私はホラー映画は苦手なので本作も耐えられるかどうかとちょっと心配だったのだが、音やタイミングでびっくりさせる系の怖さではないので、大丈夫だった。恐いというよりも、気持ち悪い系の作品だろう。
 前述のあらすじでわざわざ主人公と恋人の人種を記載したことでも明確だが、人種差別、偏見が本作の怖さ、気持ち悪さの根底にある。小さいところから大きな(というか大き過ぎでとんでもない)ところまで、おそらく「黒人あるある」状態なんだろうなぁという、ある意味鉄板ネタの連打。クリスが過剰なほど接待されるのも彼が黒人だから無意識に気を使ってという面があるだろう(いちいちオバマ支持者だよ!というのとか)。パーティの参加者の発言、振る舞いは結構な差別でこれアウトだろう!というものばかりなのだが、当人たちはその自覚がなさそうだ。
 そんなクリスならずとも居心地の悪い状況から、どんどん不穏な雰囲気になっていく。あーやっぱりね、うんうん、と思っていると、えっそっち!というとんでもない方向にハンドルを切られてびっくりした。この題名、そういう意味か!人種差別・偏見に根差すものなのは確かなんだけど、これまたずいぶん拗らせているというか複雑化しているというか・・・。多民族国家の屈折した部分をかいま見て(というか前面に出してきてるんだけど)しまった感がある。

ヴィジット [Blu-ray]
オリビア・デヨング
NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン
2016-10-05


招かれざる客 [Blu-ray]
スペンサー・トレイシー
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
2013-06-26