雪に覆われたカナダの小さな村に暮らす、図書館司書のフィオナ(フィオナ・ゴードン)には、彼女が子供頃にパリへと旅立った伯母マーサ(エマニュエル・リバ)がいた。ある日、マーサから老人ホームに入れられそうだから助けてくれという手紙が届く。フィオナは勇気を振り絞ってパリへ旅立つが、パリのアパートにマーサはいなかった。セーヌ川に落ちたフィオナは荷物もお金もパスポートも失くしてしまい大ピンチに。更に奇妙な男ドム(ドミニク・アベル)がフィオナに一目惚れして付きまとう。監督はベルギーの道化師夫婦であるドミニク・アベル&フィオナ・ゴードン。2人は製作、監督、脚本、主演を兼ねている。
 夏休みの香りが漂う楽しいファンタジー。これはファンタジーだし少々ナンセンスなのねと、序盤で納得させる。何しろ、フィオナが旅立つ時のカナダは吹雪なのに、彼女がパリに到着すると夏なのだ。いくらなんでもカナダはそこまで北ではない。しかしこういうデタラメがとてもチャーミング。自由の女神を見上げると星が文字通り動いているというのも、味わいがある。ちょっと笑っちゃうけどロマンティックな感じがするのだ。
 映画の楽しさはやはり動きの楽しさなんだなと実感する作品だった。人の体の動きが面白い、というのはプリミティブな面白さだと思うのだが、プリミティブ故に強い。冒頭、室内に雪が吹き込むシーンはコントかよ!と突っ込みたくなるようなベタな人体表現なのだが、やっぱり笑っちゃう。また、レストランでドムとフィオナが踊る、というかドムがフィオナを躍らせるシーンは、多分演じている2人とも相当踊れる(というか体を使える)人のはずなのに、ドムが踊れないフィオナをリードして動かしているように見える、更にそれが(写実的な描写というわけではなく)一つのショーになるように見える所にプロの技を見た。体の部分のちょっとした調整具合でそう見えるんだろうけど、面白いなぁと。また、マーサと旧友とが足だけでダンスするシーンも、とても可愛らしかった。本作、セリフの量はそんなに多くないし状況の説明もあまりされない。しかし、体の動きの表現は豊かで、寡黙な印象は受けない。フィオナの性格など、歩き方だけで伝わってくる気がする。
 生真面目で臆病だったフィオナが、めちゃくちゃな目に遭ううちに段々こなれて解放されていく様に、なんだかほっとする。伯母であるマーサはむしろ大胆で自由な生き方を選ぶ人で、その片鱗が作中のそこかしこに見られておかしい(マーサのある秘密をフィオナが知ってしまったシーンなど、なんだか気まずそうで)。マーサの自由さがフィオナにも染みこんでいくみたいだ。この解放されていく感じも夏休みぽかった。そして本作の素敵なところは、夏休みがまだ終わらないというところですね!

クロワッサンで朝食を [DVD]
ジャンヌ・モロー
ポニーキャニオン
2014-02-04


PARIS-パリ- (通常版) [DVD]
ジュリエット・ビノシュ
CCRE
2009-08-26