ピーター・トライアス著、中原尚哉訳
 第二次大戦で日本とドイツが勝利し、アメリカ西海岸が日本の統治下にされた「日本合衆国」。検閲局に勤める石村大尉は、特高の槻野課員の訪問を受ける。彼女は石村のかつての上司である六浦賀将軍の行方を追っていた。高名なゲーム開発者だった六浦賀は、アメリカが戦争に勝利した世界を舞台とするゲーム「USA」を密かに開発し、アメリカ人抵抗組織に協力している疑いを掛けられていた。
 表紙絵の巨大ロボと口絵のコンセプトアートにはテンションが高まるが、実はこれ、表紙絵詐欺と言ってもいい。ロボは登場するが、それがメインというわけではないのだ。ロボが活躍するシーンの描写、そしてパイロットの言動には確かに熱くなるが・・・。本作はむしろフィリップ・K・ディック『高い城の男』を引き継ぐような歴史改変SFとして、所属する国と民俗に翻弄される人々を描いており、爽快感は薄い。むしろ息苦しく、悲観的だ。実際の戦中・戦後のアメリカでは日系人が迫害されたわけだが、本作では日本「以外の」血を持つ人たちが差別される。戯画的な「皇国」や日本軍の情景は露悪的でもあるが、どこの国であれ、軍国化すると似たり寄ったりな醜悪さを見せるものなのではとも思える。そして、自由と平等をうたうアメリカ人抵抗組織にしても、どこかファナティックで決して正義の味方的な描き方はされていない。もし彼らが権力を持ったら似たりよったりな醜悪さを見せるのではないかという、距離感がある。石村の行動の底にあったものが明らかになる最後のエピソードは、そういったイデオロギーや民族、国家を超えたところにあり、だからこそやりきれないのだ。
 なお、日本的な部分はむしろ、巻末の解説でも触れられているようにB級グルメ等の描写に色濃い。なぜそこにそんなに力を入れる?と首をひねったくらい。石村がB級グルメフードに対して妙に饒舌なのもそれっぽいなぁと思ったが、これは万国共通なのかな・・・。



高い城の男 (ハヤカワ文庫 SF 568)
フィリップ・K・ディック
早川書房
1984-07-31