1980年代、傾きかけた会社を立て直そうと新たな金鉱探しに賭けた探鉱者ケニー・ウェルス(マシュー・マコノヒー)は、地質学者のマイケル・アコスタ(エドガー・ラミレス)の協力を得て、インドネシアの山奥で過去最大と見られる巨大金脈を発見する。倒産しかけていた会社の株価は急上昇し、世界中の投資家の注目を集めた。ウェルスは一躍時の人となり富と名声を手にするが。監督はスティーヴン・ギャガン。
 ウェルスの語りによる構成で、今ある状況に陥っているがなぜこうなったか、という流れを見せていく。最後の最後で「語り」の効果が効いており、えっこれってどっち?というどうとでもとれる、あやふやさを投げかけてくる。この、彼=ウェルスにしか本当のところはわからない、という造り方が彼を突き動かすモチベーションと重なり合ってくるので、こういう見せ方にしたのは正解なんだろう。
 ウェルズにとって「金」とは正に金、ゴールドであって、マネーとは限らない。もちろんウェルズはお金が欲しいし急にセレブ扱いされて有頂天になる。しかし、彼にとって一番大事なのは自分で金(ゴールド)を掘るということなのだ。経済的な問題だけで考えたら、投資会社の提案通り、事業を大手に売って収益を得る方がローリスクハイリターンと言える。しかし、ウェルスは頑として拒む。
 彼のアイデンティティは探鉱者であること、彼の夢は父親のような立派な探鉱者となって名を上げることだ。それを取り上げられたら、いくら金(マネー)があっても彼にとっては意味がない。このこだわりや「当てた」時の快感は、体験した人でないとわからないのだろう。彼がなぜかたくなに事業売却を拒むのか、投資銀行のアナリスト には理解できないままだ。
 しかし、探鉱者としての夢を追い続けたからこそ、そこに付け込まれ裏をかかれもする。熱烈に夢を見る人は、本当に「夢」しか見ないんだなと妙に納得した。ストーリー中、ここで別の選択をしていれば少なくとも穏やかな暮らしができたのでは、という分岐点がいくつかあるが、ウェルスは毎回夢に掛ける選択をし、同時に諸々を失っていく。本作はウェルスの語りによる構成だと前述したが、彼の語りとは夢を語ること、それ以外を語らないことでもあるのだ。パートナーであるラミレスもまた、夢の相棒として出来すぎな感もあり、だとするとこういう結末になるのも頷ける。
 なお本作、金の採掘場所がインドネシアなのだが、スハルト政権下のインドネシアでないとありえないような展開(いかに無茶苦茶やってたかがわかる・・・怖すぎる・・・)が多々あり、時代背景も上手く組み込まれている。また、80年代の音楽も多用されており楽しい。JoyDivisionやNewOrderが似合う映画かというと、ちょっと微妙なんだけど。

ニュートン・ナイト/自由の旗をかかげた男 [DVD]
マシュー・マコノヒー
TCエンタテインメント
2017-07-21

ゼア・ウィル・ビー・ブラッド [Blu-ray]
ダニエル・デイ=ルイス
ワーナー・ホーム・ビデオ
2012-02-08