ボストン・テラン著、田口俊樹訳
その犬は暴風雨の夜、ひどい怪我をし道路に倒れているところを見つかった。その犬の名前はギブ。彼の身に何が起き、なぜその道路に辿りついたのか。
ギブと名付けられた犬の旅路が中心にあるが、犬は主人公であると同時に、この物語の媒介でもある。ギブに関わることで、彼を愛した、あるいは迫害した人間たちの物語も浮かび上がってくるのだ。犬は何も語らないかわりに、彼と相対する人間の姿を鏡のように映し出す。愛情に対しては愛情をまっすぐ(大体何倍もにして)返してくる犬の姿には犬好きならずとも、ぐっとくる。そのまっすぐな信頼、愛情を受けることで、時に人間たちの人間としての最良の部分が発揮されるというのにも、ぐっとくる。犬だけではなく人間たちも様々な形で深い傷を負っているが、傷と傷が共鳴しあい、お互いに回復していくのだ。911を、イラク戦争を、そしてハリケーン・カトリーナを背景にした、俯瞰による語り口は現代アメリカの神話のようでもある。