ボストンでマンションの便利屋をしているリー(ケイシー・アフレック)は兄ジョー(カイル・チャンドラー)の死を知らされる。故郷のマンチェスター・バイ・ザ・シーに戻ったリーは、ジョーの遺言により16歳の甥パトリック(ルーカス・ヘッジズ)の後見人を任されるが、この町に留まることはリーにとっては苦痛だった。監督・脚本はケネス・ロナーガン。本作で第89回アカデミー賞作品賞、脚本章、主演男優賞受賞作品。
 故郷で過去の傷を癒し立ち直っていくという物語は多々あるだろう。しかし、癒えることがない傷もある。リーにとっては、少なくともまだ、故郷の街は立ち直って旅立つ場ではないのだ。回復していく部分と立ち直れなさの両方を丁寧に描いている。過去と現在、時系列が頻繁に行ったり来たりするうちに、リーと元妻ランディ(ミシェル・ウィリアムズ)の家庭に何が起きたのか、少しずつわかってくる。事態がはっきりすると、確かにこれは、この町に留まり続けろというのは酷だよなぁと納得できる。小さな町で住民同士ほぼ顔なじみみたいなものなので、彼らの身に起きたことを住民皆が知っており、忘れさせてくれないというのが非常にきつい。もちろん親身になって支えてくれる人もいるのだが、内情を知っているだけに良く思わない人もいる。田舎町の暖かさと残酷さの両方が垣間見える。
 こういう時は、とにかく時間をかけてやり過ごせるようになるのを待つか、物理的な距離を置くか、リーのように自分の人生そのものを放棄するような生活を送るしかないのかもしれない。便利屋をするリーの暮らしはこの先の目途のつかない、刹那的なものだ。理由もなく他人に喧嘩を吹っ掛ける姿は、緩慢な自殺をしているようにも見える。ジョーの遺言はそんな彼をもう一度前に進める為だったのかもしれないが、同時に残酷でもあると思う。ずっと故郷に縛り付けることにもなるのだから。しかし当時幼かったパトリックには、リーの苦しみは本当にはわからず、自分がまた捨てられるのではないかと不安に駆られる。そういうことではないのだが、すれ違いがもどかしい。
 リーとジョー、そして(幼かった頃の)パトリックの、男性同士の絆が強すぎ、妻たちはそこから疎外されいてるように見えた。リーは妻子を愛してはいるが、兄や甥、漁師仲間と一緒にいる方がはしゃいでいる。「男の子」の世界から離れられないみたいだった。リーとランディはある事件が起きなくてもいずれ夫婦関係が壊れていったのではないかと、序盤の2人のシーンを見て何となく思った。リーの配慮の足りなさがそこかしこに見られるのだ。