長嶋有著
映画は好きだが映画ファンというほどではない、という著者による映画評集。映画ファン、シネフィルはともすると、その映画の監督や出演俳優のフィルモグラフィーを引き合いに出して見た映画を語る。しかし、それではほかの作品を見ていない人は話に乗ることができない。監督や俳優の個人名を出さず、その映画の中で生じていることだけで映画を語ってもいいじゃないか、というスタンスで書かれた連載だそうだ(最初のうちはまだスタンスが固まっていないのか、監督名や俳優名が出てくるのだが)。私は映画好きでおそらく著者よりは見ているのではないかと思うが、監督や俳優にはあまり関心がなくて覚えていられない。「映画の中」のことだけで映画を語ってくれる方が、正直ありがないなという気持ちがあるので、本著は楽しく読んだ。著者が映画を見ていてひっかかりを感じる部分が、著者が小説の中で拘っている(であろう)こととリンクしているようで、著者の小説の作り方が垣間見えるようでもあった。あと、映画原作者として心乱される(笑)『サイドカーに犬』と『ジャージの二人』の章は、小説や漫画の映画化って原作者サイドからはこういう感じなのかという現場感があって、また別の面白さを感じた。『ジャージの二人』の方が著者的にはいい現場だったみたいだけど(笑)。