90歳のゼヴ(クリストファー・プラマー)は妻を亡くしたが、それを時に忘れてしまうほど、物忘れがひどくなった。妻を亡くしたゼヴに、同じ老人ホームに入居している友人のマックス(マーティン・ランドー)が手紙を託す。その手紙に書いてあることを実行し、約束を果たしてほしいと頼む。2人はアウシュヴィッツの生き残りで、家族を殺したナチスの兵士は今も名前を変え生きているというのだ。その兵士の名前はルディ・コマンダー。ゼヴは復讐の為、ホームを抜け出す。監督はアトム・エゴヤン。
 ゼヴは様々なことをすぐに忘れてしまう。それが一つの仕掛けとなっているということは冒頭から察しが付く。もっとも、それで本作の面白さが削がれることはない。ゼヴの旅は(なにしろすぐに色々忘れてしまうので)危なっかしく、体力的にもヨロヨロしてきているので、大丈夫?!倒れない?!という部分でも手に汗握ってしまった。
 ゼヴが妻の死を毎回指摘されて思い出すように、記憶が消えたわけではなく、言われれば蘇る。しかし、その蘇ってきた記憶とは、どこまでが元々彼が持っていた記憶なのか。周囲が植えつけたものではないとは言い切れないのではないか。ゼヴが忘れるたび、思い出したとしても段々足元がおぼつかなくなっていくような、不安感が増していく。
 その反面、ありありと記憶している体験は、それが実際にあったことであろうとなかろうと、本人にとっては体験にほかならず、真実になってしまうのではないか。最後のある人物の行為は、その人にとって両方が本物であり、両方をわかってしまったからこその悲劇だったのではないかと思う。
 忘れる人がいる一方で、絶対に忘れない人がいる。本作の原題は『REMEMBER』。覚えている、思い出す、と同時に思い出せ、でもある。作中のある人物の復讐を思うと、何とも恐ろしく悲しい。