1920年代、ニューヨーク。フィッツジェラルドやヘミングウェイを世に送り出した編集者、マックス・パーキンズ(コリン・ファース)の元に、無名作家のトマス・ウルフ(ジュード・ロウ)が原稿を持ち込んでくる。彼の才能を見抜いたパーキンズはウルフに協力して原稿の手直しに励み、処女作『天使よ故郷を見よ』はベストセラーに。次の作品の為、2人は昼夜を問わず大量の原稿の校正を続ける。パーキンズは家庭を犠牲にしていると妻に諌められ、ウルフの恋人アリーン(ニコール・キッドマン)は2人の関係に激しく嫉妬する。やがてウルフはパーキンズがいないと作品を完成できないと揶揄されたことに腹を立て、2人の関係にも亀裂が走る。原作はA・スコット・バーグ『名編集者パーキンズ』、監督はマイケル・グランデージ。
 トマス・ウルフの作品を特に読んだことがなくても、パーキンズのことを知らなくても大丈夫な作品だが、フィッツジェラルドやヘミングウェイのことは(本作での登場時間は短いのだが)知っておいた方が楽しめると思う。特にフィッツジェラルドは『グレート・ギャツビー』の後、長いスランプ時期に入っており、妻が精神的に不安定なこともあり生活が厳しい。苦境のフィッツジェラルドをパーキンズが以前と変わらず支え続けていることがわかる描写もあり、パーキンズの人柄がわかる。
 ウルフはどちらかというと奇人変人扱いされるであろう人柄で、声は大きくテンションの上がり下がりが激しい。執筆量はやたらと多く、1作品の原稿が木箱数箱に入れられ編集室に届くというシーンもある。これを書きたい、という意欲が旺盛だというよりも、頭の中で言葉が渦巻いており、書き出さずにいられないように見える。キッチンで立ったまま原稿を書くウルフの姿は、何かに追い立てられているようだった。一語を絞り出すのに必死だというフィッツジェラルドも大変そうだが、ウルフの言葉の過剰さは、これはこれで大変そう。
 ウルフは対人関係でもテンションの上がり下がりが激しく、好意を持った相手にはぐいぐい押してくる。ウルフにとってパーキンズは初めて自分の作品を認めてくれた相手ということもあり、パーキンズを深く信頼するようになる。執筆している間は作家は孤独で苦しいだろうと思うが、その苦しさを理解してくれる相手がいるという喜びが、2人で作業を進める様には充ちている。
パーキンズも才能ある作家に信頼されてもちろん悪い気はしないので(演じるジュード・ロウが久しぶりにキラキラ感全開で押してくるので、そりゃあ悪い気はしないな!と妙に納得する)、彼との仕事にはどんどんのめり込んでいく。作家の才能がどんどん開花していく様を目の当たりにし、その手助けをするというのは、やはり他の仕事では味わえない喜びがあるのだろう。その喜びの代えがたさみたいなものが、そこに立ち入ることができないアリーンやパーキンズの家族にとってはやりきれなかったのだろうが。
 ウルフの信愛は直球だが、不信が芽生えるとそれに蝕まれるスピードも速く、こういう人と付き合うのは仕事相手としても友人としても、実に大変そう。フィッツジェラルドに暴言をはいたウルフをパーキンズが叱責するシーンがあるが、ウルフは多分、何で怒られてるのかぴんとこなかったんじゃないか。書けない状態を想像できないことに加え、パーキンズが自分以外を尊重するということが念頭にない感じ。こういう形で過剰に信頼を寄せられるというのも、なかなかきついものがある。パーキンズは実に人間が出来ていた(家族から見たら別の意見があるだろうけど、作中では妻はパーキンズの仕事を尊重している)んだろうな・・・。才能ある者から離れられない性分という側面もあったのかもしれないが、すごく抑制のきいた振る舞い方。コリン・ファースにははまり役だったと思う。ファースが演じることで人徳感が上がっている気がしなくもない。