第二次世界大戦中のアメリカ、西海岸の小さな町。8歳の少年ペッパー(ジェイコブ・サルバーティ)は年齢の割に背が低く、町の子供達からもからかわれてばかりだった。しかし父親(マイケル・ラバポート)は「相棒」として彼に愛情を注ぎ励まし続ける。しかし徴兵検査ではねられた兄の代わりに父親が戦地に赴く。父親になんとかして帰ってきてもらいたいペッパーは、司祭(トム・ウィルキンソン)から全て達成すれば神の力で願いが叶うというリストを渡され、課題達成に奔走する。その中で、日系人収容所から戻ってきたハシモト(ケイリー=ヒロユキ・タガ)と親しくなる。監督・脚本はアレハンドロ・モンテベルデ。
 ペッパーと父親との繋がりが強く印象に残った。ペッパーと父親は、ある時はカウボーイ、ある時は怪盗等、一緒に「ごっこ」遊びに興じる。父親が嫌々付き合っているというのではなく、2人の間でファンタジーが成立しており、「物語」ではあるが「嘘」ではないのだ。父親との物語の中で投げかけられる「やれるか?」という言葉が、ペッパーをその後も支え続ける。
 ペッパーには、なぜ父親がなかなか帰ってこないのか、司祭がなぜリストを渡したのか等、よくわからないことばかりだ。彼はそのわからなさを、自分にとっての「物語」の中で自己流に解釈していく。リストを達成すれば奇跡が起きて父親が帰ってくる、その為には「敵」であるハシモトに親切にしなければならないというふうに。物語が彼が直面する出来事を回収しきれなくなったりもするのだが、その時は周囲の大人がフォローしたり、ペッパー自身がその困難に対応する力をつけてきたりしているところにほっとする。
 ハシモトとの関係は、徐々に心の通ったものになっていくが、ハシモトが町の中で置かれた立場には当時の世相が見えてなかなか辛い。長年アメリカに住んでアメリカ国民として生活していても、アメリカ人の仲間としては見てもらえないのかと。かといってハシモトにとって日本は祖国であり続けるし、どちらの方がより自分にとって重要とは言えないだろう。ハシモトに対する差別や暴力に加担する人たちについても、なぜそういうことになるのか、という部分をやんわりとだが見せている。戦争で失ったものを、誰かのせいにしないとやっていられないという人もいるのだ。
 色合いはビビッドで、映像の質感はざらっとした、昔の映画っぽいノスタルジックな雰囲気がある。おとぎ話的な描き方だが、決して見る側をあまやかしてはいないところがいい。ハシモトに対する暴力や差別に大人たちははっきりとNoとは言わない(歯止めとなっているのは司祭だけなのだ)し、ペッパーと家族が最後に見せる表情は、決してはっきりと晴れ晴れとしたものではないのだ。描かれなかった諸々のことがその背後にあると感じさせる。