青木ヶ原の樹海を訪れたアーサー・ブレナン(マシュー・マコノヒー)は自殺しようとしていた。森の奥で睡眠薬を取り出したところ、1人の日本人男性(渡辺謙)がさまよっているのを発見する。その男ナカムラ・タクミに「ここから出られない、助けてくれ」と訴えられたブレナンは彼をほおっておくことが出来ず、共に森をさまよう羽目に。森の出口を探す中で、ブレナンは妻ジョーン(ナオミ・ワッツ)のことを思い出していた。2人の結婚生活は破綻しそうになっていたのだ。監督はガス・ヴァン・サント。
 ヴァン・サント監督は、ゆるふわメルヘンな作品とウェルメイドな作品を交互にリリースする傾向にあるのか。本作はかなりゆるふわ。監督の作品の中では『永遠の僕たち』に連なるような雰囲気がある。もっとも、かわいい男子女子が主演だった前作に対して、本作はおっさん2人なわけだが。日本人キャストが登場すると言う点でも共通なのだが、ヴァン・サントの中での日本のイメージがなんとなく窺える。監督流の幽霊譚のような作品だと思う。とは言え、オリエンタリズムが強烈というわけでもなく、(おそらく樹海のシーンは日本で撮影していないのではと思うが)「なんちゃって日本」感も比較的薄い。こういう役に渡辺を起用するのか、というところでちょっと笑っちゃうといえば笑っちゃうんだけど・・・。日本人である必然性があまりないからなぁ。ただ、ゆるい映画ではあるのだが、嫌いにはなれない。
 冒頭から、くどいくらいにわかりやすい演出がされている。ブレナンがもう自宅に戻る気はない、そもそもアメリカに戻る気がないが、長い旅行に出たと言うわけでもない、というシチュエーションをいちいち見せていく。今どうなっているのか、という部分の見せ方は新設設計なのだが、なぜこういうことになったのかという過去の回想はちょっととっちらかっている。フラッシュバック的に見せたいという意図なのかもしれないし、実際記憶のよみがえりというのは一見文脈がないものだが、ナオミ・ワッツが好演しているだけに、ジョーンがどういう背景を持つ女性だったのかという部分はもうちょっと見たかった(ブレナンがそういうことに無頓着なままだったってことかな)。2人が水面下で争っている感じとか、ちょっとしたことですごく気まずい雰囲気になる瞬間とか、細かい部分は生々しいのだが。かなり「カップルあるある」な感じがした。生々しいだけに、その記憶がブレナンを苛むというのはよくわかる。