アンディ・ウィアー著、小野田和子訳
NASAによる3度目の有人火星探査は、猛烈な砂嵐により6日で中止、クルーは火星を離脱することになった。しかし離脱寸前に嵐による事故が起き、クルーの1人であるマーク・ワトニーが吹き飛ばされた。クルーは彼の遺体を回収できずに離脱、地球へと向かう。しかしワトニーは奇跡的に生きており、残された物資と自らの知恵で生き延びる道を探り始めた。読み始めからいきなり面白い!本気で手に汗握ってはらはらする小説を久しぶりに読んだ。火星に1人取り残される、物資にも限りがあるという絶望的な状況でのサバイバルなのだが、トーンはからっとしてユーモラスですらある。本作はワトニーの一人称による音声記録(現状を記録する作業日記みたいなもの)と、NASA関係者らの第三者視点のパートとに分かれているのだが、ワトニーの一人称パートが圧倒的に面白い。「もし火星にいたらこんなことが起きる」シュミレーションであり、手元にあるものを使っての命をかけたD.I.Yの工程なのだ。彼はとにかく具体的に今何ができてどうすればいいか、を考察、シュミレートし順番に実地していく。これが科学者メンタリティか!また、(この状況下においても)軽妙な語りと言葉の選び方がいい。生き延びるにはユーモアが必要なのだ。これは翻訳の的確さもあるのだろう。特に語尾の処理のニュアンスの出し方が上手い。そして終盤、「めっちゃクールだろ?」と彼が言うところの、クールが指すもの。やはりこれに泣かされる。世の中にはちゃんとこれがあるぞ!大丈夫!と著者自身が信じているのだろうし、その姿勢が本作の芯になっていると思う。なお本作、リドリー・スコット監督、マット・デイモン主演で映画化された(映画題名は『オデッセイ』)。日本では2月5日公開予定。もう絶対見ます。