特殊強力事件担当の広域捜査隊のベテラン刑事ドチョル(ファン・ジョンミン)は、悪人逮捕の為には手段を選ばず、人を殴る為に刑事になったとまで言われている。あるパーティーで財閥の跡取り息子であるテオ(ユ・アイン)と出会うが、後日、財閥の関連企業の社員が自殺を図る。自殺の裏にテオが絡んでいるのではと直感したドチョルは独自に調べ始めるが、財閥の息がかかった警察上層部によって捜査の打ち切りが命じられる。それにも負けずドチョルは事件を調べ続けるが、テオは次々と妨害工作を仕込んでくる。監督はリュ・スンワン。
 韓国の娯楽大作って、盛って盛ってまた盛って!くらいのハイカロリーなイメージがあったのだが、本作はサービス精神旺盛ながらも見せ方はスマート。一見泥臭いのだが、切り上げどころがいいというか、洗練されていて見やすい。個人的にはもっとローカロリーでもいいくらいだが。
 ドチョルは豪快かつ暴力的、頭は切れるもののそれ以上に腕に物を言わせる、いわゆるマッチョなタイプと言えるだろう。こういうタイプの主人公だと往々にしてセクハラ的発言が出やすいものだが、ドチョルは意外なほどにそういう振る舞いをしない。紳士という雰囲気ではないが、仲間である以上は男女関係なくフラットな接し方だ。同僚に女性刑事はいるが、いわゆるマスコット的な存在ではなくしっかりと戦力だし、女性としての立ち位置をどうこう言われることもさほどない。このあたり、時代に即して韓国の娯楽映画が成熟してきているということじゃないかなと、何だか新鮮だった。
 時代に即してと言えば、作中で「大企業は聖域」(捜査できない)と警官たちが揶揄するシーンがあるのだが、これは現代の韓国社会内での感覚を反映しているのだろうか。とすると、大企業の恩恵にあずかれない一般人にとっては、大分絶望感深いんじゃないかと思うが・・・。そんな中だからこそ、ドチョルの「金よりも(刑事としての)プライド」という譲らない態度によりぐっとくるのでは。敵であるテオが清々しくクズな悪役なので、思う存分広域捜査隊の面々を応援できるという側面もある。ちょっとキャラクターとして出来すぎな感じもするのだが、いい悪役がいる物語はやはり盛りあがる。
 ドチョルとテオの戦いが、最後はなぜかガチンコ勝負に持ち込まれるというのは、非常に少年漫画的で笑ってしまうところもあるのだが、こういうやり方でないと身柄を確保するだけの罪状を作れない、というシチュエーションでもある。ああいう場に引っ張り出して多数の証人を作り、言い逃れできなくするしかないということだろう。それもまた複雑な気持ちになる。一歩間違うと、冷静な捜査からは外れてしまいそう。ポピュリズム至上主義や密告社会になりかねないのではと。