1981年のニューヨーク。石油販売会社を夫婦で立ち上げたアベル(オスカー・アイザック)とアナ(ジェシカ・チャステイン)夫婦。業界にはつぶしあいや裏取引が蔓延していたが、アベルはクリーンな経営に徹していた。全財産を投入して事業拡大を目指した矢先、自社の石油輸送車が次々と強奪されたり脱税の嫌疑が降りかかったりで、銀行が融資の打ち切りを宣告され、窮地に陥る。監督はJ・C・チャンダー。
 原題は「もっとも暴力的だった年」なのだが、確かに本作の世界は暴力的だ。わりとローカルな石油業界が舞台なのだが、こんなにマフィア、ギャングの世界みたいなの?!とびっくりするくらい。業者間、労働組合や司法、そして地元マフィアとの暗黙の了解と裏金のやりとりで成立しているのだ。新興勢力で、しかも正攻法で業績を伸ばしていくアベルの会社は、既存の業者にとっては目障りなのだろう。アベルがやっているのはまとも、というか普通の商売なのだが、この場所ではむしろ普通ではなくなってしまう。
 ではアデルは清廉潔白なのかというと、そうとも言い切れない。彼は合法的でモラルにのっとったやり方でのし上がってきたと自負しているが、その陰で犠牲にしてきたものはやはりあるのだ。1人の運転手の顛末など、他にもっと道があったのになんでこんなことにとやりきれなくなる。運転手をここまで追い込んだのは、アベルの自分の方針に対する妥協のなさでもあるのだ(ただ、アベルが妥協すれば運転手の別の道があったかというと、ちょっと微妙なんだけど・・・。精神的にはやや楽になったんじゃないかとは思うが)。クリーンな方法にしろダーティな方法にしろ、のし上がろうとすると、どのみち代償は払わなくてはならない世界だということが息苦しかった。邦題のサブタイトルは野暮ったいのだが、結構的を得ている。
 また、アベルはクリーンな経営を目指すが、アナが全く同意しているかというと、そこも微妙だ。アナは実はギャングの娘であり、この土地で商売をやるというのがどういうことか、よくわかっている。理想(前述したように他の場だったら普通のことなんだけど・・・)だけでは物事はすすまない、現実的にはどうすればいいかを彼女は考える。アベルの方針はもちろん尊重するが、夫として父親として一番身近な家族を守ってくれというのが正直なところだろう。2人が車で鹿をひいてしまうエピソードがあるのだが、その後のそれぞれの対処の仕方には唸った。暴力に対するリアリティの持ち方の違いが現れていたように思う。どちらがいいとか悪いとかではないのだが、この2人が夫婦をやっているというのが面白くもあり、破綻しそうで不安でもある。