プロの漫画家だった叔父・川口たろう(宮藤官九郎)を過労で亡くして以来、漫画への思いは封印し、ぼんやりとした毎日を送っていた高校生・真城最高(佐藤健)。ある日、憧れている同級生・亜豆美保(小松菜奈)をこっそりスケッチしたものを、同じく同級生の高木秋人(神木隆之介)に見られてしまう。高木は真城の画力を見込み、2人でチームを組んで漫画を描き、週刊少年ジャンプで連載をしようと誘う。声優志望の亜豆に「もし真城くんの漫画がアニメ化したら主演させて」と言われた真城は、彼女の前で漫画家になると宣言してしまう。原作は大場つぐみ&小畑健による大ヒット同名漫画。監督・脚本は大根仁。
 あまり期待していなかった(私『モテキ』が苦手でして・・・。大根監督のドラマ作品も、世評ほどには自分内で跳ねなくてな・・・)のだが、大変面白かった。私は原作は全話読んでおりとても面白かったが、それほど好きではない。映画化された本作は、私が原作でちょっと苦手だった、作品世界に乗り切れなかった部分をリカバーしており、個人的にはこちら(映画)のテイストの方が好きだ。
 原作は週刊少年ジャンプ連載作品。その中で主人公たちがジャンプで連載を持ち、ヒットさせるために試行錯誤していくという、ジャンプ編集の内幕ものとしてのメタ的な構造を持つ作品だった。映画化された本作でも、もちろんジャンプで連載を持つという設定は変わっておらず、ジャンプ編集室や編集者も登場する。ジャンプ連載漫画への言及も多々ある。が、同時に、藤子不二雄作品のモチーフが多々投入されている。現代版『まんが道』をかなり意識しているのだ。原作漫画にもそういう意図はあったが、「ジャンプで連載」という特殊な要素の方が徐々に強くなり、広い意味での「漫画家青春もの」とはずれていったように思う。
 また、亜豆の扱いが原作とは大きく違うのだが、私は映画版の方が納得がいく。大場つぐみ&小畑健作品の女性キャラクターに全く魅力を感じないからというのも一因だが、映画版の亜豆の方が、彼女は彼女で自分の夢の為に進んでいる、真城のトロフィーではないということがはっきり示される。真城を待っているのではなく、真城の先を行く存在としているのだ。
 亜豆の扱いを変えたことで、真城の漫画に対するスタンスも原作とは少し変わってくる。映画版の真城は、亜豆に高木とのやりとりを聞かれたことで、彼女の気を引くためにとっさに「漫画家になる」と言ってしまう。しかし、ある地点から亜豆は動機や目標ではなくなり、漫画そのものが漫画に取り組む動機と目標になっていく。より「漫画家」として(経済面を含め)生きていこうとする話になっていくのだ。そして彼を支えるのは、憧れの美少女に対する思いではなく、彼と共に戦う漫画家たちになっていく。ジャンプで連載するという特殊性からちょっと離れ、しかし一回転してジャンプのモットーである「友情・努力・勝利」に着地、しかしそこからもっと地に足の着いた地点へほろ苦く着地、という、ジャンプ読者以外への間口の広げ方が上手くいっていたように思う。
 本作、サウンドトラック及びテーマ曲をサカナクションが手がけているということでも気になっていたのだが、これがとても良い。音楽がついているシーンが多い(というよりほぼ音楽がついている)のだが、うるさくない。映画のを駆動させるベース音として常に音楽が鳴っているようなバランスだった。また、エンドロールは曲もいいが映像が素晴らしく、ジャンプ読者は泣くしかないので必見。