酒とギャンブルに溺れる年配男性ヴィンセント(ビル・マーレイ)は一人暮らし。時々娼婦のダカ(ナオミ・ワッツ)を家に呼ぶくらいで人づきあいは皆無だった。しかしある日、隣にシングルマザー・マギーと12歳の息子オリバー(ジェイデン・リーベラー)が越してくる。病院の技師として残業続きのマギーに、オリバーを預かってほしいと頼まれる。時給をもらう約束をとりつけオリバーを預かったヴィンセントだが、競馬場やパブにオリバーを連れ出してしまう。監督はセオドア・メルフィ。
 原題は『St.Vincent』。なぜ聖人?と思ったが、最後まで見るとなるほどと。これはいい題名だな(邦題は、日本でならこっちの方がわかりやすいだろうなと思うので、これはこれでいい)。ヴィンセントは聖人とは程遠い、「ちょいワル」なんてこじゃれたものじゃない、単なる素行不良でだらしない年配者だ。打つ、買う、飲むの3拍子が揃っていて子供の教育上大変よろしくなさそう。実際、オリバーをパブや競馬場に同伴させて、マギーの立場を難しいものにしてしまう。しかしオリバーはヴィンセントと接するうちに、彼なりの優しさや責任感があり、愛すべき部分があるとわかっていく。単なるダメ男ではなく、ヴィンセントという一人の人間としての人生があるということを理解していくのだ。ヴィンセントは子供が苦手で接し方をよくわかっていないが、それがかえってオリバーと一対一の個人同士としての関係を作っていったのだろう(ただ、まるっきり大人同士みたいに接するのもよくないよ、とも言及されているが)。
 ヴィンセントも、オリバーがいることで救われた部分があるのだと思う。オリバーがヴィンセントを無価値な人間ではなく、いい部分も悪い部分もひっくるめた「ヴィンセントという人」として理解したことが、ヴィンセントの心をほぐしていくのだ。ラストは、そりゃあ泣くよな!と納得するもの。いびつでも不細工でも、その人にはその人なりの人生があって、無価値ではないのだと言われている気がするのだ。
 それはヴィンセントに限らず、本作に登場する人全てに言えることだ。マギーもダカも、オリバーの同級生も色々難点のある人間だ。しかし、だからといってその人全体がダメだってことにはならない。最後の食事シーンも、大しておいしそうではないし、全員の調和がとれているわけでもない(テーブルや椅子のセッティングもその場しのぎっぽい)。でもそこがいいんだと思う。
 なお、ネコが名演だった。