母親を亡くし親戚から逃げ出した9歳の少年・蓮(宮崎あおい)は、渋谷をさまよううちに“バケモノ”熊徹(役所広司)に出会い、行くところがないなら弟子になるかと言われる。熊徹を追いかけ、バケモノの世界「渋天街(じゅうてんがい)」に迷い込んだ蓮は、熊徹に「九太」と名付けられ、弟子として一緒に暮らすようになった。17歳になった九太(染谷将太)は、ふとしたことから人間の世界に戻る。そこで高校生の楓(広瀬すず)と出会い、実の父親の居所の手がかりを得るが。監督は細田守。
 良く言えば豪快だが弟子を育てるには大雑把すぎる熊徹と、気が強く聡明な九太が喧々諤々やりながら、本当の父子のようになっていく前半が楽しい。子は親を真似して育つが、親もまた子を見て育つ、というかなんとか親になろうとする。熊徹が弟子をとろうとしたのは九太のことを考えてではなく、全くの自分本位なのだが、九太と生活することで自分以外のことを考えるようになる。声をあてている役所は、予告編の段階では発音があまりクリアでなくて台詞が聞き取りにくいんじゃないかと思ったが、熊徹の雑な感じによく合っていて好演だった。最近はダンディなイメージの方が強くなっているが、『三匹が斬る!』とか、こういう感じだったよなぁと懐かしくなった。
 しかし後半、九太が人間界に戻って楓と出会うあたりからどうも座りが悪くなってくる。あれも入れたい、これも見せたいという、やりたいこととストーリー上やらないとならないことが多すぎて、迷走している感じなのだ。楓が九太に大学受験を勧めるくだりなど急展開なので、ずいぶん不躾なことを言い始める子だなというイメージが楓についてしまって勿体ない。多分、子供は親とは別の生き物で親の世界の中だけでは育たない、他の場所・人の価値観に触れることが必要だという要素、教育・教養の重要さを入れたかったんだろうけれど、熱意が空回りしてかなり説明的なセリフが多く、興ざめしてしまう。言っていることは間違っていないのだが、言いたいことだけ言われてもなぁ。いわゆる学校での学習が9歳レベルで止まった九太が高校レベルの問題を解けるのか?という疑問もわいてくる(生活に必要な読み書き計算や論理的な考え方は、周囲に素養のある人がいそうだから出来るかなとは思う)。こういう疑問って映画がぶっちぎりで面白かったらスルーされるものなので、その点脇が甘いということかもしれない。
 一郎彦(宮野真守)の扱いも、終盤で急にピックアップされてきたなという感じで、もうちょっと助走が欲しかった。最初から伏線的なものはあるにはあるが、後になって急に言及されてきてもなー。彼が内包するものは、親との関係を考えると九太よりもむしろ楓と同質だと思うのだが、一郎彦にしても楓にしても、家庭の在り方が殆ど描かれないので、セリフでとりあえず説明しました、みたいな感じになってしまった。ここも勿体ない。