この世を徘徊する異形のもの「妖夢」を討伐する「異界士」の中でも、呪われた血の一族と言われる栗山未来(種田理沙)。人間と妖夢の間に生まれた「半妖」で不死身の肉体を持つ神原秋人(KENN)。高校の屋上で秋人が未来を呼び止めたことで、2人の運命は大きく動き出す。原作は鳥居なごむのライトノベル。2013年に放送されたTVシリーズの総集編だ。監督は石立太一。本作公開の後、オリジナル長編となる続編『劇場版 境界の彼方 I'LL BE HERE 未来篇』が公開予定。
 TVシリーズの総集編とわかったうえで見に行ったので、まあこういうものだろうという納得はあった。総集編としては、特に意外性もない、無難と言えば無難な纏め方だと思う。スクリーンの大きさに作画がさほど負けていないというところには感心した(製作時はすごく大変だったろうけど・・・)。ただ、この総集編てどのへんの客層に向けてリリースされているのかな?とも思った。TVシリーズを既に見ている層にとっては、特に新鮮味のない総集編だし、未来篇へのフリとなる新作部分はあるものの、これの為に新作映画1本見るのはちょっとなぁ・・・と思う人もいるだろう。一方、TVシリーズを未見で、これを機に見てみようかなという人にとっては、物語やキャラクターの基本的な設定は ともかく、誰と誰がどうしてどうなった、という流れがわかりにくいだろう。
 設定もストーリーも今時これか、というくらいにラノベとしてはベタ中のベタなので、話自体は何となくわかるだろうが、本作、ストーリーの構成の妙や設定の妙というよりも、情感の盛り上がりに重きを置いているタイプの作品なので、その情感、キャラクターそれぞれの感情の流れのディティールが追えないと、ちょっと乗っかりにくいのではないだろうか。見ている側置いてけぼり、みたいな感じになりそう。総集編としての編集が、何をポイントにして編集したのかよくわからないところが難点だったと思う。新規客を想定しているならしているなりの、していないならしていないなりの、どちらかに割り切ったものであればもうちょっとすわりがよかったかなぁ。
 なお、改めて見ると基本設定の詰め方がずいぶんふわっとした作品だったし、ふわっとしたまま最後まで押し切ったんだなぁと妙に感心した。そういう部分を見せたいというわけではなかったということだと思う。