原田マハ著
2000年の日本。大原美術館の監視員、早川織絵は、突然ニューヨークのニューヨーク近代美術館との交渉役に抜擢される。彼女を指名したのはティム・ブラウン。1983年、ティムはスイスの富豪バイラーの屋敷に招かれる。織絵も新進気鋭の研究者として招かれていた。そこで見たのはアンリ・ルソーの大作「夢」と非常に似た作品だった。これはルソーの未発見作品なのか、それとも贋作なのか。バイラーは正しく真贋判定した者に作品を譲ると言い、手掛かりだという古書を読ませた。古書に記されたフィクションともノンフィクションともつかない物語が挿入されつつ、ティムが絵画の謎に迫っていく。キュレーターの仕事や美術館、日本における展覧会開催システムなど、実在の美術館や美術作品を交えたディティールが面白い。が、肝心の絵画の謎があんまり・・・。最後の方は後出しジャンケンみたいだった。ルソー作品の魅力の表現もどうも月並みでぱっとしない。ルソーについてそんなに詳しくない読者にはちょうどいいのかもしれないけど、多少美術を好む読者には物足りないのでは。そういえば著者の『キネマの神様』を読んだ時も、映画批評について同じようなことを思ったなぁ。