2012年に公開された『るろうに剣心』の続編。かつて「人斬り抜刀斎」の異名を取った緋村剣心(佐藤健)は、神谷薫(武井咲)が師範代をつとめる神谷道場で平和な暮らしを送っていた。しかし抜刀斎から暗殺者役を引き継いだ志々雄真実(藤原竜也)が、自分を「処分」した明治政府への復讐を企てていると知り、志々雄のいる京都へ向かう。原作は和月伸宏の同名漫画。監督は大友啓史。
 前作公開時の記事で、漫画的な表現ではなく時代劇、アクション映画としての表現として作った、というような話を読んだ記憶があるのだが、本作ではむしろ漫画的な方向(製作サイドが意図しているのかはわからないが)に振ってきた印象を受けた。志々雄と十本刀が登場する時点で、ビジュアル面の都合で漫画的にせざるをえないのだろうが(志々雄の「包帯」も、もう明らかに「包帯」ではない(笑)。衣装担当の苦労がしのばれる)。一応、明治時代が舞台ではあるが、既になんちゃって明治状態だし史実に忠実というわけではない。アクションもいわゆる肉弾戦のアクション映画とは見え方が違って、ワイヤーアクションを使った香港の歴史ファンタジー映画っぽいニュアンスとでも言えばいいのか・・・。いわゆる時代劇のアクションではないなと思った。特に宗次郎戦など予想外に原作のテイストを感じたから、そう思ったのかもしれないが。
 相変わらず佐藤の身体能力が高く、これだけ動ける俳優を使えたら、アクションシーンをより速く、速くとしたくなるのもわかる気がする。佐藤は決して演技が上手いというわけではないと思うのだが、やはり華があるというか、見映えがいい。また、瀬田宗次郎を演じた神木隆之介の動きが意外とよく、ルックスと相まって「うわ宗次郎だ!」という(原作ファンにとっては)軽い感動があった。
 ただ、前作同様、長すぎる。特に後半~終盤にかけては冗長に感じるところがあった。しかも前後編の前編なので、見る側にとってのハードルを(ただでさえシリーズ続編なのに)そんなに上げていいのか?という気も。