歌手を夢見るもののバーのショーダンサーとして日銭を稼ぐルディ(アラン・カミング)は、アパートの隣の部屋に住む少年マルコ(アイザック・レイバ)と知り合う。ある日マルコの母親が麻薬所持で逮捕される。このままではマルコが施設に入れられてしまうと心配したルディは、バーで知り合った弁護士のポール(ギャレット・ディラハント)に相談する。やがて3人の間には家族のような絆が生まれるが、ルディとポールがゲイであることを非難され、マルコを奪われてしまう。監督はトラビス・ファイン。
 結構あざとい要素を盛っているし、涙を絞り取られそうな雰囲気かと身構えたが、実際はむしろ素朴な味わいすらある。凝り過ぎない、やりすぎないところが良かった。音楽(挿入歌)がストーリー上大きな意味合いを持つので、歌詞の字幕を付けた配給会社ありがとう!ルディが最後にディランの『I Shall Be Released 』を歌う姿は、歌詞とあいまって心に染みた。
 物語の舞台は1979年。この当時の同性愛者に対する偏見、嫌悪感の強さは、わかっちゃいたけどやっぱりショックだった。何も人格全部や仕事の能力まで否定することないのに。でも当時はこういう感じが大多数だったんだろうなぁ。ルディは仲間内ではもちろんカミングアウトしているのだが、ポールは秘密にしている。ルディもポールの為にオフィシャルの場では「普通」を装うが、やはり不満が溜まっていく。ルディとポールは仕事にしろ性格にしろセクシャリティに対するスタンスにしろ、元々はあまり共通点がない。そんな2人が恋に落ち、さらにマルコをめぐって共闘していく。この2人の関係性の変化も面白かったし、一緒に生きていくってこういうことかなという気持ちになる。
 ポールはルディに「君は強い人だ。何も恐れない」と言う。確かにルディは偏見や中傷にも(平気ではないが)堂々と立ち向かう。しかしそれ以上に彼の「強い人」なところは、他人をまっすぐに思いやることができるところ、マルコに対してしたように、さっと手を差し伸べられるところのように思った。そのてらいのなさが、見ていてちょっとショックなくらいだった。こういうのってなかなかできないよなって。