角田光代著
年に一度、家族ぐるみのサマーキャンプで顔を会わせていた7人の子供たち。天国のように思われたキャンプだったが、ある年から突然なくなった。大人たちにとっては「天国」ではなかったのか、そもそも何の集まりのキャンプだったのか。大人になった7人はそれぞれの事情から当時の事情を探り始める。いやー面白くて一気読み。そして最後には深い感動が・・・というと陳腐だが本当にそうなんだもんね(笑)。なぜ子供が欲しいと思うのか、なぜ自分の出生を知りたくなるのか、知ったことに傷つくこともあるのか、他人を思いやるって、子供を愛するってどういうことか。ぎゅうぎゅうに濃縮されている。7人それぞれが、それぞれの形で変化・成長していく様には本当に心を打たれる。作中、何人かが相手にある「事実」を語りかけるが、言葉の使い方はそれぞれだが、相手のことを本気で思いやって考えに考えて絞り出した言葉だということが伝わる。その言葉が相手に届くだけではなく、その言葉を発したということが発した本人を救うものになりうるというところに撃たれた。