浦賀和宏著
ライターの銀次郎は、同業者の青葉が殺された事件を取材することになった。殺される直前まで、青葉は特ダネを追っていたようなのだ。手がかりはカメラに残されていたコスプレ姿の女性。銀次郎は真相に迫っていくが。「彼女」シリーズ(と勝手に呼んでいる)は、1作目2作目以上にある意味まさかの展開。そして、読んでいる間感じていた違和感は、なるほどそういうことか!と、本格ミステリとしては王道のサプライズ感を味わえた。これこれ!これですよ!って感じ。浦賀作品は人間のうっすらとしたマイナス感情を描いていくことが多いが、粘着質なものを描いていても描き方(文体)自体は粘着質じゃないので、やりきれない話でも意外とさらっと読めるという、不思議な特徴があると思う。

<iframe src="http://rcm-fe.amazon-adsystem.com/e/cm?t=countthreea02-22&o=9&p=8&l=as1&asins=4344421752&IS1=1&ref=tf_til&fc1=000000&lt1=_top&m=amazon&lc1=0000FF&bc1=FFFFFF&bg1=FFFFFF&f=ifr" style="width:120px;height:240px;" scrolling="no" marginwidth="0" marginheight="0" frameborder="0"></iframe><iframe src="http://rcm-fe.amazon-adsystem.com/e/cm?t=countthreea02-22&o=9&p=8&l=as1&asins=4344420888&IS1=1&ref=tf_til&fc1=000000&lt1=_top&m=amazon&lc1=0000FF&bc1=FFFFFF&bg1=FFFFFF&f=ifr" style="width:120px;height:240px;" scrolling="no" marginwidth="0" marginheight="0" frameborder="0"></iframe>