22歳でウォール街の投資銀行に就職したジョーダン・ベルフォート(レオナルド・ディカプリオ)だが会社はあえなく倒産。「ペニー株」を扱う小さな会社に再就職し、発想の転換と巧みな話術で瞬く間に稼ぎ頭に。26歳で自分の証券会社を設立し、年収は4900ドルに上るようになったジョーダンは、荒稼ぎの様から「ウォール街の狼」と呼ばれるようになっていく。しかし彼の違法スレスレ、時に違法な稼ぎ方にFBIも目を付け始めた。監督はマーティン・スコセッシ。実在の株式ブローカー、ジョーアン・ベルフォートの自伝が原作。
配給会社自らディカプリオの「ドヤ顔」を売りにしていたが、その部分に関しては広告に偽りなしで、冒頭からドヤ顔と顔芸の乱れうち。ディカプリオが顔も体も非常に良くコントロールしていることが如実に分かる。賞レースでは不遇が続いている彼だが、そろそろ何か賞をあげたくなる(逆に、本作で無理ならもう無理だろうという気もする)。
 近年のスコセッシ監督作品の中ではずば抜けてテンポが良く、約3時間の上映時間を一気に畳み掛けてくる。私はスコセッシ作品には苦手意識があったのだが、本作は初めて面白いと思った。使われている音楽の選曲や使うタイミングがばっちりで、グルーヴ感がある(映画全体がイケイケな感じ)。ただ、それでも3時間という長さはちょっときつかったが・・・。編集はとても上手い作品なので、逆にもうちょっと何とか短くならないかと思ってしまった。
 ジョーダンとその仲間たちが放蕩の限りを尽くす様がジェットコースターのごとく描かれていくが、あまりのばかばかしさで却って清清しいくらいだ。今まで見た映画の中でもトップクラスで放送禁止擁護が多発しており、おそらくナンバーワンのドラッグ摂取場面の多さ(作中で消費している量も多分一番だと思う)。あまりにドラッグとセックスばかりやっているので、他にやることないのか!と突っ込みたくなる。せっかく金持ちなのに・・・。馬鹿騒ぎが延々と続いている、ハイな状態が終わらないような生活だ。躁状態が延々と続くので、当事者は楽しいのだろうが、傍から見ていると、これ楽しいのかな・・・むしろ退屈そうだなという気もしてくる。ハイな状態が続きっぱなしだと一回転して単調なんじゃないかと。
 ジョーダンは誰かを食い物にして金を稼ぐこと、その金を散財することに全くといっていいほどてらいや躊躇がなく、恵まれたことに対する韜晦やアンニュイさとも無縁。富裕層故の倦怠、みたいなものは全くない。これは元々持っているか、のし上がってきたかの差なんだろうか。あるいはこの時代(金融バブルの時期)故の特性だったんだろうか。おそらく全く反省していないであろうところも清清しい。自分の商売と生活以外のことを一切考えていないような振る舞いで、こういう人が金の流れを牛耳っていたのかと思うと空恐ろしくもなる。
 ディカプリオは『グレート・ギャツビー』に引き続き、薄っぺらな二枚目を熱演している。こういう役が似合うというのは、本人どう思っているんだろうと気になってしまうが、「中身がない」という演技がこんなに出来る人になるとはなぁと(今までは中身がありすぎて大変な人の役が多かったから)感慨深い。また、露出時間は短いが、ジョーダンの人生を大きく左右し観客にも強烈な印象を与える、マシュー・マコノヒーの破壊力がすごい。何なんだその歌・・・。


ウルフ・オブ・ウォールストリート 上 (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)
ライアーズ・ポーカー (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)