フォルカー・クッチャー著、酒寄進一訳
トーキーが導入され始めた、1930年、ベルリンの映画スタジオで、将来有望な女優が機材の落下により死亡した。事故と思われたが、ベルリン警視庁殺人課のラート警部は、疑問を持ち独自に調査を開始する。一方で、警視長で政治への野心満々の父から、市長に贈られてきた脅迫状の差出人探しを押しつけられてしまう。前作『濡れた魚』は未読なので、これはラートの過去に色々あるのかな?と気になる部分もあったが、特に問題なく読めた。当時のベルリンの様子、エキゾチックな文化が流入する一方で、徐々にナチスが勢力を増していく(ラートの父親がいずれここに絡んできそうだなーという雰囲気も)様子が垣間見えて、景色を眺めるような面白さがあった。主人公のラートは有能は有能なんだが、組織で働くということ、組織での仕事の仕方をよくわかっていないあたりが、まだ青い。自分が被害者みたいな顔してるけど、それ半分は君に原因があるからね!ほうれんそうって教わらなかったかな~!地の文はラートに寄り添っているので、彼が上司や同僚に対して感じるいら立ちや怒りが綴られるが、その隙間からは上司も同僚もさして否がないという状況が読みとれたりするのだ。ラートがどうやって独りよがりさを克服していくかがシリーズの一つの見どころなのかも。犯人特定に一部偶然に頼りすぎな所があってちょっと気になったが、スリリングで飽きない。


死者の声なき声<上> (創元推理文庫)
濡れた魚 上 (創元推理文庫)