石井好子著
シャンソン歌手であり料理を得意とする著者による、料理エッセイ。「フランス仕込み」とあるが、いわゆるフランス料理のレシピ本というわけではなく、思い出に残る料理と簡単なレシピ紹介が主。美味しいもの好き、料理好きだが、家庭料理かくあるべし、という格式ばったところはなく、手軽にできるならそのほうがいい、使えるものはどんどん使いましょう、というフットワークの軽さ、頭の柔らかさがいい。電子レンジが普及し始めたころのエピソードがあるが、最初は眉をひそめていたものの、買ってみたらさっと加熱できて便利!とさっそく使いこなしている。料理の思い出だけではなく、交流があったフランスの歌手たちとのエピソードも収録されている。浮き沈みが激しい業界で常に全盛期とはいかない、ほろ苦さが滲む。しかし著者の視線は一貫して優しいし、フェアだ。そういう部分が周囲から愛されたのではないかと思う。