1949年、ロサンゼルス。町の覇権を握った大物ギャング、ミッキー・コーエンは、政治家や警察も操っていた。腐敗を嘆くパーカー市警本部長(ニック・ノルティ)は、ジョン・オマラ巡査部長(ジョシュ・ブローリン)をコーエン打倒の為に抜擢。仲間を集めてギャングを一掃するよう命じる。しかしその行為に、警察当局は一切の責任を負わないと言う。命がけの任務に6名の警察官が挑む。監督はルーベン・フライシャー。
 実際にあった、ギャングと警察の抗争を題材にしている。過去のノワール小説や映画でも頻出する題材だが、本作の場合はその描き方は非常に平明。ノワールのほの暗さ、奥行きはなく、つるっとした手触りだ。娯楽作である、という指針が明確で、わかりやすく、簡潔に、見やすく、に徹している。その割りきりがいっそ潔い。実際には、警察側もギャングと持ちつ持たれつで、コーエンも本作で描かれているようないわゆる「巨悪」だったか疑問だし、白黒はっきりつけられない、グレーな世界だったのだろう。ノワールの魅力はそのグレーさ、ほの暗さによるところが大きいのだろうが、本作にそれはない。
 警察官たちにしても、ギャング駆逐の為にギャングと同様の陰惨な行為を行っている。それに対する「自分達とギャングとどこが違うのか?」「正義の為なら何をしてもいいのか?」という疑問も当然出てくるだろう。しかし、本作はそこには踏み込まない。セリフでさらっと触れる程度だ。なので、題材からしてホワールっぽいかな?と期待すると肩透かしをくらうことになる。ノワール「ごっこ」映画と言ったほうがいいかもしれない。それを楽しめるかどうかで、好き嫌いが分かれそう。
 ギャングに立ち向かう6人は、それぞれちゃんとキャラ立てされていて、『7人の侍』みたいなメンバー集め過程にわくわくする。老ガンマンとメキシコ人巡査との師弟関係には、最後のオチが泣けた。人選をしているのがオマラの妻コニー(ミレイユ・イーノス)というところもいい。本作のヒロインはコーエンの愛人でジェリー・ウォーターズ巡査部長(ライアン・ゴズリング)と恋に落ちるグレイス・ファラデー(エマ・ストーン)なのだろうが、魅力的だったのはむしろ、聡明さと肝の据わり方が印象深いコニーだった。