坂木司著
大学に入学した極端に怖がりな「僕」は、なりゆきでミス研に入部した。家庭教師のバイトも始めたが、生徒である中学生の隼人からミステリ講義を受けることになる。好奇心旺盛な隼人は「僕」を巻き込んで、日常の中で遭遇する謎を解いていく。いわゆる「日常の謎」系ミステリ連作集だが、そのお手本といっていいくらいオーソドックス。探偵が中学生なので中学生の行動範囲に収まっているというところも非常に日常的だ(笑)。血なまぐさい事件は起きないので、「僕」同様怖がりの方にも本格ミステリビギナーにも安心してお勧めできる。また各話で隼人が「僕」にミステリ小説を勧めるが、これがミステリ初心者読者向けのガイドになっているので、合わせて読んでみると面白いかもしれない。