2011年に見た映画から、ベスト10を選びました。今年は年内にUPできたよ!今年は洋画10本、邦画5本に分けてみました。洋画が豊作すぎて、邦画が入る余地がなかったんでなんとか救済策をと。ではまず洋画から。

1.蜂蜜
何かの気配に満ちた森の映像にやられた。子供の世界、そして成長を丁寧に描いた作品だと思う。言葉ではなく映像でちゃんと情報を提示している演出が巧み。

2.ヒアアフター
死者への思いというよりも、個々の体験の理解のされなさ、共有できなさみたいなものについて考えさせられた。だから誰かと何かが通じ合った時、奇跡のように思える。

3.アレクサンドリア
ヒロインの人間の理知への信頼が、あっけなく裏切られる。が、これ当時にかぎったことではなく延々と人間は同じことをしているのだろうと思うとずっしりと重い。そしてヒロインの理知にもまた限界が。今だからこそ見たい一作。

4.ソーシャル・ネットワーク
流れるように流暢な完成度の高い作品。デヴィッド・フィンチャー監督、映画の組み立てが本当に上手くなったなぁ。技術的な手腕に唸った。

5.英国王のスピーチ
良くできたオーソドックスは強い。自分の仕事をどう受け入れていくかという物語でもあったと思う。いわゆる強いリーダーの姿というわけではない(国王だから実際の政治を動かすというのとはちょっと違うだろうし)ところがポイントか。

6.ツリー・オブ・ライフ
私の中では『蜂蜜』と同ラインでの選択なんですが。映像美と世界の神秘・広がりを感じさせるという部分で。

7.人生万歳!
ウディ・アレン監督快心の一作。年末年始にふさわしい、(少々の諦念もはらみつつ)色々あっても人生は上々だ!と思える作品。

8.しあわせの雨傘
これまた、色々あっても人生は上々だし色々な生き方があるよと思える作品。ただ女性限定かもしれないが。カトリーヌ・ドヌーヴの魅力が炸裂している。

9.トゥルー・グリット
これもまたヒロインが魅力的に無愛想で気丈でよかった。オーソドックスな西部劇だが終盤にむけて神話的な様相も。何より題名が意味するものに涙した。

10.光のほうへ
優しく弱い人たちの姿が実にやりきれない。でも、優しく弱いことは悪ではないのだと真摯に語りかけてくる作品。

次点で『ブルー・バレンタイン』『アメイジング・グレイス』

続いて邦画。10作選べるほど突出した作品の本数がなかった気がする。

1.マイ・バックページ
青春の残酷な終わり。主演の2人、特に妻夫木にとってはキャリア上ベストの演技だろう。しかし2人とも主演作品の当り外れが激しすぎる。

2.大鹿村騒動記
原田芳雄の遺作となってしまったが、遺作に相応しい気も。ベテラン役者たちが皆チャーミングだった。いいコメディ。

3.忍たま乱太郎 忍術学園全員出動!の巻
長寿コンテンツと老舗スタジオが凄みを見せた良作。己の役割わきまえてるわ~。作画クオリティの高さはもちろん、予想外に本気で時代劇だった。妙な多幸感があった。

4.まほろ駅前多田便利軒
原作小説読んだときよりも、根っこに流れるさびしさが染みた。瑛太と松田龍平のコンビが魅力的。特に松田のキュートさにやられた。

5.奇跡
細部の演出や登場人物の造形(特に兄弟のスタンスの差異)が上手いなと思った。まえだまえだ兄弟の好演によるところも大きい。いい夏休み映画。

次点で『探偵はBARにいる』。シリーズ化おめでとうございます。