高田崇史著
ぴいくんこと「僕」と、従兄の美少年・千波くんのパズルシリーズ新作短編集。そしてとりあえずシリーズはこれで終了らしい。今回は、いずれも怪奇現象の謎を解くミステリ。不可思議な現象を、千波くんがスマートにロジカルに解決・・・なのだが、毎回彼のあずかり知らぬところで「僕」による一オチがある。ミステリにおける「正解」は探偵が決めた「正解」なんだよと、ミステリの構造をネタばらししてしまうようなもの。本格ミステリと見せかけて、反本格というかメタ本格というか。でもこういうものが書けるのは、著者がやはり本格ミステリの人だからだと思う。