へっぽこ弁護士の宝生エミ(深津絵里)は、ラストチャンスとして妻殺しの容疑で捕まった矢部五郎(KAN)の弁護を担当する。矢部は犯行時刻のアリバイとして、山奥の旅館で落ち武者の幽霊にのしかかられて金縛りにあっていたと主張する。半信半疑で旅館を訪ねたエリは、その幽霊・更科六兵衛(西田敏行)と対面する。六兵衛を証人として法廷に立たせようとするが、彼は誰にでも見えるというわけではなかった。監督は三谷幸喜。
 私は三谷作品はかなり好きなのだが、映画としての前作『ザ・マジックアワー』が自分でもびっくりするくらい見ていて苦痛だったので、今回は見るかどうか迷っていた。で、実際見てみたら、そこそこ楽しめたし、観客の反応もいい。客席がどっと沸くコメディはやっぱりいいなと思った。
 ただ、色々と難点もある。映画としてどうか?といわれると無条件で肯定できない。まず、裁判をめぐるサスペンス部分と、幽霊をめぐるコメディ部分が思ったほどにはがっしりとかみ合っていなくて、物足りない。ギャグの多くが裁判とはあまり関係ない部分で投入されているように思った。そして、幽霊が落ち武者である必要が全くない。落ち武者が過去を清算する、という方向にもっていくのかと思ったら、立ち消えしてしまってがっかり。
 また本作、アリバイ破りというミステリ映画としての側面もあるのだが、このオチが、ミステリ、特に本格ミステリファン上はかなり問題あると思う。同じようなオチを使った作品は過去に複数あったと思うが(某ゲームとか)、「それをいっちゃあおしまいよ」にならないように何らかのストッパー、特殊条件を合わせて投入していたはずだ。本作はいわゆるミステリじゃないからいいじゃないか、という声は当然あるだろうが、だったら「何でもっと早くやらないんだよ!」と突っ込みたくなってしまう。
 そして、とにかく長い。もっと短くタイトに出演者も減らして!と叫びたくなった。今後三谷監督に映画を発注する人は、予算をぎりぎりまで削ってほしいくらい。ミニマムなものは舞台劇でやっているだろうから、映画ではどーんと!派手にやりたくなるのはわからないではないが、あんまり向いていない気がする。サービス精神が旺盛すぎるんじゃないかと思う。余計な遊びが多くて間延びするのだ。
 あと、これは私の好みの問題なのだが、美術センスがどうも合わない。作り物っぽすぎて興ざめしてしまう。これは映画に何を求めるか、という部分の違いなのだと思うが。