18世紀のイギリス。交易により財を成した家に生まれた青年ウィリアム・ウィルバーフォース(ヨアン・グリフィズ)は、聖職者になるか政治家になるか悩んでいた。「アメイジング・グレイス」の作詞をした牧師ジョン・ニュートン(アルバート・フィニー)や英国最年少首相となるウィリアム・ピット(ベネディクト・カンバーバッチ)に背を押され、政治の道を歩むことに。ピットと共に奴隷貿易廃止を訴えるが、議会の賛同はなかなか得られず、ウィリアムは心身共に消耗していく。監督はマイケル・アプテッド。本作はイギリスの「奴隷貿易廃止法」成立200周年を記念して製作されたそうだ。映画が製作されるほどメモリアルな事件だったということか。
 「アメイジング・グレイス」は、元奴隷貿易船の船長だったジョン・ニュートンが、自分の行いを恥じて作詞した歌だそうで、この歌がウィリアムたちを支え続ける。とても力の入った歴史劇で、面白い。奴隷貿易廃止に一度挫折したウィリアムが過去を振り返り、また明日へ一歩踏み出す、という現在と過去を行き来する構成なのだが、時間軸の処理がちょっとわかりにくかった。あれっ、今時間飛んだ?と戸惑うことがあった(私がぼんやりしていたからかも)。しかし、グリフィズの顔のやつれ方でどの時代かなんとなくわかるところがすごい(笑)。ヨン・グリフィズについては『ファンタスティック・フォー』のリーダーの人という印象しかなく(と言うか日本で公開されている主演作は本作くらい)、それほど上手い俳優というイメージは持っていなかったのだが、本作での彼はとてもいい。こんなにチャーミングな人だったのか!情熱と新年を持って突き進むナイーブな人物、という設定のせいもあるだろうが、何かキラキラしていてびっくりした。侮っていてほんとごめんなさい・・・。グリフィズに限らず、本作は出演者が豪華(というか渋い)で全員好演している。彼と志を同じくし、やがてウィリアムと結婚するバーバラ・スプーナーを演じたロモーラ・ガライは表情がすばらしい。ちょっと不思議な顔つきなのだが、表情が動き出すとぐぐっとひきつけられる。また、マイケル・ガンボンとアルバート・フィニーという大御所が見られるのもうれしい。特にガンボンのユーモラスなたたずまいが、作品にアクセントを加えていた。
 ウィリアムは奴隷貿易の廃止を訴えるが、彼にとって、それは直接的に利益があることではない。イギリスという国にとっても、奴隷という労働力を使った大規模プランテーションを維持できなくなる以上、国力を削ぐことになる。実際、そういった理由から、彼の提案は猛反対を受けるのだ。しかし彼は、自分の主張をあきらめない。損得の問題ではなく、人として正しいことを出来る立場にあるからやるのだ。最後に「ノブレス・オブリージュ」という言葉が出てくるが、正にそういうことなのだろう。おそらく、彼が信仰深かったというのも一因だと思う。神の後ろ盾があると信じられてこその行為だったのではと。
 ウィリアムたちの力で奴隷貿易は廃止され、同じ頃フランス革命が起きる。しかし、人間は平等であるという思想が定着、実践されるには、ここからまた200年近くかかっている。人間はなかなか聡明にはならない。なお、英仏戦争の影響で奴隷貿易反対運動が遅れたという部分にはなるほどと思った。「フランスに(奴隷を)横取りされるだけだ!」とか言われる。人権云々という話が通るのは国内情勢が安定していて、自分たちに余裕があるときだけというのがシビア。