歌野晶午著
インターネット上で推理ゲームの出題をし合っている匿名の5人。ただし、出題されるゲームは5人それぞれが実際に犯した殺人事件を題材にしたものだった。本格ミステリの連作短編集。これは面白かった!アリバイ崩し、密室トリック、犯人当てなど本格ミステリのパズルとしての側面が強い作品。推理ゲームという設定なので、どの事件もある程度フェアで読者にも推理可能。こういうところがオーソドックスな本格ミステリぽい。そしてゲームの枠の外で、連作である意味がちゃんとあるところもいい。著者はトリッキーな作品も得意だけど、基本的に小説力が高いんだよなー。読みやすかった。本格ミステリとしては、タイトルがやっつけ仕事的オマージュではあるが「生首に聞いてみる?」がベストかと思う。