ロボットプラモデルオタクのレイ(アレックス・ハウス)、ひきこもりのモーリー(デイヴィッド・レンドル)、勝気な大学生リサ(タチアナ・マズラニー)の3兄弟は、母親の死後、母親が日本から連れてきた「ばーちゃん」(もたいまさこ)、そして猫のセンセーと同居することになった。全く英語が通じないばーちゃんと3兄弟との、ぎこちない生活が始まった。監督は荻上直子。
 監督の前作「めがね」は、あまりに選ばれた人々のユートピア感が強すぎて若干ひいてしまったのだが、本作は程よく地に足がついているように思った。何よりユーモアとペーソスが増しているところに安心した。それにつけても日本のトイレは実に偉大だ。エンドロールでTOTOにでかでかと謝辞が寄せられているのにも納得。
 3兄弟は全員、決して特別にしっかりしているわけではなく、むしろ至らない人間だ。モーリーは、パニック障害のせいで外出が出来ない、ピアノの才能があるのにコンテストに出られないという結構な問題を抱えている。まともに社会人をやっているレイも、自分が冴えないオタクであることに密かにコンプレックスがあるし、一家の責任が全て自分に降りかかってくるとイライラしている。リサはわりと普通の子だが、片思いのイケメン同級生(ナルシスティックな詩を授業で発表)に、「君はフェイクじゃないの?」と言われて言葉に詰まってしまう。彼らは自分がスタンダードな道からちょっと外れているんじゃないか、そのことで何となく損しているんじゃないかと思っているのでは。授業中、いかにもなモテ服に身を包んだ同級生の詩の発表(これがまた凄まじくてですね・・・)を見るリサと友人の表情がいい(リサの服はモノトーンでややロックテイスト)。
 拠り所である母親がいなくなったことがきっかけで、彼らが抱えていた不安やイライラがより膨れてしまった。そんな彼らが一歩踏み出すきっかけになるのが、ばーちゃんの存在だ。ばーちゃんは英語をしゃべらないので、孫と意思疎通が出来ているのか定かではない。しかし、ここぞというところで無言の思いやりを示してくれる。演じるもたいまさこは、今や荻上映画のミューズといってもいいが、何かを超越した存在のようになってしまっていた「めがね」と異なり、本作のばーちゃんは、多少貫禄がありすぎるが普通の人なのだろう。デリバリーのスシにため息をつき、キャットフードを買いに出て道に迷い、孫たちの言動に戸惑う。超然としているように見えるが、ばーちゃんは娘が死んだことに傷つき、孫たちを心配し、力になりたいと思っていたのではないか。彼女がただ一度発する言葉の力強さにぐっときた。
 心が落ち着くと、自分についても他の人についても、これまで思い込んでいたのとは別の面が見えてきて、世界は少し風通しがよくなる。「君、実はいい奴?」というセリフには笑ってしまった。レイは友達いないいない言っているけれど、客観的に見るとこのセリフが向けられた相手とは既に友達みたいなのだ。