TOHOシネマズ主催の「午前10時の映画祭」にて鑑賞。ドン・ロックウッド(ジーン・ケリー)とコスモ・ブラウン(ドナルド・オコナー)は共にブロードウェイでの活躍を夢見る友人同士。ドンはスタントの代役をこなしたことがきっかけで映画スターに。彼の相手役を勤める女優リナ(ジーン・ヘイゲン)は美人だが気取りやで、ドンの恋人ともてはやされていたがドンにその気はなかった。ある日踊り子のケーシー(デビー・レイノルズ)と出合ったドンは、彼女に惹かれていく。
 メインテーマ曲が有名すぎる、アーサー・フリード監督の代表作(1952年)。振り付けはジーン・ケリーとスタンリー・ドーネン。音楽監督はレニー・レイトン、主な歌曲の作曲はネイシオ・H・ブラウン。ミュージカル映画の名作といわれるのも納得だ。ジーン・ケリーが雨の中歌い踊るシーンは、やはり名場面。楽曲、振り付け共に映画内でも一番いい。他にはドン、コスモ、ケーシーがおはようと言い合う歌(題名わからないんでアバウトな説明で失礼します)が楽しかった。
 本作はジーン・ケリーとデビー・レイノルズの映画という向きが強いのだろうし、確かにこの2人の歌と踊りは魅力的。しかし個人的にはコスモ役のオコナーがよかった。彼のダンスはケリーのような優雅なものではないが、役柄に合った軽妙さと勢いのよさがある。そしてコメディアンの基本とでも言うべき体を張ったリアクションと顔芸の数々(笑)。やはりコメディアンは身体能力高くないと!という説得力がある。
 ストーリーの背景となっているのは、トーキーが登場してきた頃。それはもう衝撃だったのだろうということがなんとなくわかる。見る側にとっては新しい娯楽でも、それまで無声映画での経験しかなかった俳優やスタッフにとっては、職を奪われるかもしれない脅威だ。リナのように、声に難ありで職を失った俳優もいただろう。世界最初のトーキーは『ジャズ・シンガー』(1927年)だが、本作内にもそれらしき作品が出てきて、ドンらの出演作は客をごっそり取られてしまっている。本作は1952年の作品なので、当時のことをよく知っているスタッフももちろんいただろう。映画自らの歴史に自己言及しているみたいでちょっと面白い。
 本作はミュージカルとしてもラブコメとしても楽しいのだが、そういった背景を思うと複雑なものがある。特にリナの処遇には納得がいかない。確かに彼女は嫌な女ではあるが、映画業界で生き残る為にがむしゃらになるのは当然だし、少なくともサイレント映画女優としての業績はあるのだから、そんな恥をかかせるようなやり方しなくてもいいじゃないかと思ってしまうのだ。映画業界の中でも、時代に上手く乗れなかった人も大勢いたと思うのだが、そういう人達に対する思いやりがないよなと、若干嫌な気持ちになった。