堀江敏幸著
目次がなく、章ごとのページ変えはしていないので、読んでいて連続性が高い。各エッセイに常に共通する要素があるわけではないのだが、時に連鎖をおこしており、そのリズムが気持ちいい。練って書いたのかなというものと慌てて書いたのかなというものが混じっているが、不思議と一体感がある。連続して読む、というところに意味がある1冊だと思う。連想が続いていく流れにひきこまれる。題名は「正弦曲線」だが、螺旋にも似ているかも。著者の随筆を読んでいるとなんとなしに幸せな気持ちになるのだが、とりあげているトピックがどうこうというより(というかそんなに特別なことを書いているわけではない)、文章の端正さに癒される(笑)。なお装丁も大変美しいです。そんなにこらなくていいから価格下げて・・・という気もしなくもないですが。