綾辻行人・有栖川有栖編・著
 綾辻先生がにこにこ!有栖川先生がにこにこ!私もにこにこ!みんな幸せ!なミステリアンソロジー&対談集。短編プラスその短編に関する対談なので、ライブ感が味わえるしネタバレの危険がないのがうれしい。最近、ミステリ、特に本格ミステリとは縁遠く、もう読まなくてもいいかなくらいの気持ちになっていたのだが、そうだ本格って楽しかったんだ!と思い出させてくれるいい本だった。今回は綾辻・有栖川両氏の作品も収録されている。どちらも面白いです(特に有栖川作品は、ファンの間でも人気の高い作品)。あと連城三紀彦の作品は今後読んでいこうと思う。別役実の作品が収録されているのも、珍しいしうれしい(いわゆるミステリという感じではないが。どっちかというと小話的)。