太宰治の小説『ヴィヨンの妻』『思ひ出』『姥捨』『きりぎりす』『桜桃』『二十世紀旗手』を下敷きに、田中陽造が脚本を書き下ろした作品。監督は『サイドカーに犬』の根岸吉太郎。第33回モントリオール国際映画祭で監督賞を受賞した。
 戦後間もない東京。気鋭の作家だが放蕩三昧で借金まみれの大谷(浅野忠信)を、妻・佐知(松たか子)は健気に支えていた。大谷のつけを払うために椿屋という小さな飲み屋で働き始めるが、たちまち店の看板娘となり、彼女目当ての客で店はにぎわった。それを見た大谷は、寝取られ夫になるのではとおびえる。
 佐知を「健気」と前述したものの、いわゆる貞淑で夫に尽くす妻、美しい夫婦愛、というのとは、若干趣きが異なる。確かに健気は健気だし、夫の為に尽力しているのだが、貞淑というのとはちょっと違うんじゃないかと思った。佐知は椿屋で働くうち、自分に「女」として商品価値があることに気付き、(不倫はしないまでも)それを活かして生計を立てることを躊躇しない。佐知をいわゆる「貞淑な妻」と評するとしっくりこないのは、この躊躇のなさがあるからかもしれない。夫への愛はあるのだろうが、一人でどんどん遠くへ行ってしまいそうな気配もある。
 佐知に対して、夫の大谷は一見冷たい。懇意にしている愛人(広末涼子)がおり、心中騒ぎまでおこす。しかし、実際は大谷の方が妻の浮気におびえ、自分がいつか捨てられるのではという不安をぬぐえないように見える。妻が自分に隷属していないということに、本人よりも先に大谷が気付いているのだ。大谷の放蕩も、自分を心配しろ、自分を見ろというアピールなのか甘えなのか、色男というよりも弱い人間であるという部分の方が目につく。夫が妻にもたれかかっている度合が強いというか、むしろ割れ鍋にとじ蓋夫婦なのでは。
 主演の松と浅野が非常に健闘している。松たか子が予想以上に好演。彼女の力で下卑た感じにならずにすんでいる。文語調のセリフを違和感なくこなせるところも彼女の強みだろう。やや不自然(小説的すぎる)な言葉遣いもキュートに見せられるところがいい。浅野もいい役者になったなぁ・・・今、油が乗り切っている感じだ。また、脇の共演者もなかなかいい。特に大谷の愛人役の広末には、立派な女優になっちゃったなぁという感慨深さを覚えた。今回、かなり脱ぎっぷりがいいのでファンはチェック。個人的に決して好きではない女優なのだが、嫌な粘着質が出ていて役柄にはまっていた。また、堤真一は性根がいやらしい風の演技が妙に上手く、出番は少ないが印象に残った(嫌な残り方だが)。