高城高著
つくづくしびれる。日本製ハードボイルドの原点といわれる『X橋付近』を含む短・中編集。日本でハードボイルド小説と呼ばれてきたものの多くは、アクション小説とかピカレスク小説だったのではと本作を読むと思う。著者の小説には華やかさや気障さはなく、文体は簡潔にそぎ落とされている。ストイックさがある種の非情さ(「廃坑」なんて何かえらいことに・・・)に通じていると思う。ハードボイルドを成立させるものは内容以上に文体なのではないか。特に表題作を含む、同じ登場人物が顔を見せる志賀由利シリーズには、登場人物それぞれの「その後」が垣間見えて哀感が漂う。著者によるハードボイルド論も2編収録してあるのだが、当時、日本でハードボイルド小説をやるというのがどういうことだったか(そして、著者がハーボドイルドをどういうものだと考えていたか)知る上で参考になる。