父親である神父のテツ(渡部篤郎)と2人で暮らしてきたユウ(西島隆弘)は、「マリア様みたいなお嫁さんを見つけてね」という亡き母親の言葉を忘れず、理想の女性を探していた。一方テツは、半ば強引に押しかけてきたサオリ(渡辺真起子)が離れていくと同時に様子が一変。ユウに無理やり懺悔を強いる。ユウは女性の下着を盗撮することで、懺悔するべき罪作りに励む。そんな中、罰ゲームとして女装したユウは、理想の女性ヨーコ(満島ひかり)に出会う。園子温監督・脚本作品。
 まさか、まさか4時間近い大作なのにまったく飽きなかったなんて・・・。予告編見た段階ではまったく期待しておらず、半ば義務感で見に行っただけにこれはうれしかった。タイトルが出るまで1時間近くかかるというおそろしい構成なのだが、テンポがよく流れがダレない。特に前半のテンションの高さとそれがずっと維持されているところはすごい。前半はアクションシーンが多いというのも一因か。主演の西島も満島もそこそこ体のキレがいい(特に西島はさすが現役アイドルというべきか、身体能力高いと思う)ので、B級アクション的な楽しさもあった。
 正直、パンチラ盗撮を前面に出す必要性はあまり感じなかったが、客寄せのギミックとしては強力だろう。後半は新興宗教団体「ゼロ教会」とユウとの対決が前面に出てくるので、聖なる愛に対する俗世の欲・・・と思ったが、よく考えると「ゼロ教会」は洗脳まがいの方法で無理やり信者を増やすエセ宗教だし、ユウは盗撮やパンチラそのものには興奮しない体質。どちらかというと、宗教産業に対する風俗産業か(笑)。
 「ゼロ教会」が唱える「愛」に対抗するのは、もちろんユウのヨーコに対する「愛」であり、ユウは入信したヨーコを誘拐して正気に戻そうとする。しかしこのあたりで映画の流れが急速にダレた。ユウがヨーコに対して説得力のある言説を持っていないので、肩透かしな感じになってしまったと思う。その後の展開も少々なし崩し的で、前半の密度が薄れてしまったのが残念。
 また、恋愛ストーリーとしてはきちんと成立しているのだが、もうひとつの大きな愛の問題である、ユウ、ヨーコ、コイケ(安藤サクラ)の親との確執とそこからの回復がうやむやになってしまった。父親を文字通り切り捨てたコイケはともかく、ユウと父親との関係はうやむやなままだし、ヨーコは家族を否定するものの、結局擬似家族的な教団に絡め取られてしまう。そこからどう脱却していくか、という部分の方が個人的には見てみたかった。オーソドックスなボーイミーツガールとしてまとめてしまったのは惜しい。その先が見たいのよ~。
 主演の2人はよくがんばったなぁという印象。特に西島は、お世辞にも演技が達者とはいえないのだが、(どいういう順番で撮影したのかわからないけど)どんどんいい演技をするようになっていく。1本の映画の中で出演者の成長が目に見て、ちょっと感動した。あと、ゆらゆら帝国の楽曲の使い方がばっちりでうれしかった。